松坂大輔「怪物秘録」BACK NUMBER

松坂大輔「高校は帝京へ行くつもりだった」(連載5)

posted2022/06/01 07:00

 
松坂大輔「高校は帝京へ行くつもりだった」(連載5)<Number Web> photograph by KYODO

進学先候補だった帝京高校は松坂が中学3年時の'95年、夏の甲子園で星稜高校を破って2度目の優勝を果たす

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

世界大会でトップレベルの同世代とチームを組んだことにより、高校進学の選択に迷いが生じる。幼い頃からの憧れ帝京高校か、戦友が勧誘する横浜高校か。この決断が運命を大きく動かす。

 松坂大輔にとって中学最後の夏の大会がやってきた。全日本のユニフォームを着て戦ったブラジルから帰国してすぐ、江戸川南シニアは日本選手権に出場したのだ。舞台は初の神宮球場。世界大会で最優秀防御率賞を獲得した松坂は俄然、注目を浴びた。

◆◆◆

 江戸川南シニアは夏の関東大会で優勝していたので、第1シードで2回戦からの出場でした。相手は春の選抜大会の決勝で負けた京都北シニアです。京都北にはのちに桐蔭学園へ進む松本祥平という左ピッチャーがいました。1学年下でしたが、それを聞いて驚きました。バッターボックスに入って体感したスピードには「オレより速いんじゃないか」って思わされましたからね。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2799文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松坂大輔
帝京高校
横浜高校
小山良男
小池正晃
常盤良太
藤本厚志
渡辺元智
小倉清一郎
後藤武敏

高校野球の前後の記事

ページトップ