SCORE CARDBACK NUMBER

苛烈な生存競争を生き抜いた、努力の人のナイスガイ伝説。

posted2022/05/26 07:00

 
苛烈な生存競争を生き抜いた、努力の人のナイスガイ伝説。<Number Web> photograph by Getty Images

キャリアのハイライトは2018年ウィンブルドン。南アのビッグサーバーはフェデラーに続いてイスナーを倒した

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 '17年全米と'18年ウィンブルドンで準優勝したケビン・アンダーソンが引退を表明した。ツイッターに「この競技にかかわることで得られた素晴らしい物事に感謝している。子供の頃、父は『成功とは結果ではなく、最高の自分になるために努力し、犠牲を払ったかどうかだ』とよく話していた。僕はベストを尽くした」と思いを綴っている。

 努力と犠牲(=献身的に取り組むこと)はまさに競技人生のキーワードだった。遅咲きで、米国イリノイ大学で3年間プレーしたのちプロツアーに参戦、初めて四大大会の決勝に進んだのは31歳のときだった。体に負荷をかけすぎたのか、左ひざから肩、ひじ、臀部とあらゆる部位の故障に見舞われたが、努力と持ち前の向上心で、'18年7月、32歳にして世界5位に上りつめた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 564文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ケビン・アンダーソン

テニスの前後の記事

ページトップ