濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

《特別グラビア》スターダム林下詩美が語る“女王ではない今”の自由さ…話題の“中野ぅたみ”も登場「かわぃぃことしかとりぇがなぃんですぅ」 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2022/05/14 17:01

《特別グラビア》スターダム林下詩美が語る“女王ではない今”の自由さ…話題の“中野ぅたみ”も登場「かわぃぃことしかとりぇがなぃんですぅ」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

スターダムの林下詩美と、話題の別人格・中野ぅたみによる特別グラビアインタビュー

QQへの想い「私がリーダーになったら…」

「人数が減っても何もあきらめてなかったです。レディが来てくれて光由も入って、妃南さんも戻ってきて。本当にここからですね。私がリーダーになったら、QQのために生きていきたい。ベルトに向けて動いたり、後輩たちの実力の底上げも」

 林下、AZM、上谷はシングルプレイヤーとしても優秀なだけに、最近はユニットとしての色があまり出ていなかったのではないか。そこに後輩たちが入ることで、逆にまとまりが生まれた。その後輩たちに「QQに見合う選手になってほしい」という思いも強い。特に天咲は、林下にとって初めてできた歳下の後輩だ。

「妹が1人増えたみたいな感じで、つい甘くなっちゃいますね(笑)。光由は表情だったりプロレスに向き合う姿勢だったり、この世界に向いてると思います。練習でできないことがあると、自分から“もう一回お願いします”と言ってくる。それも何回も。素直で物怖じしなくて貪欲さがあって……ちょっとふわっとしたところもあるんですけど」

“ビッグダディの三女”は“QQの林下詩美”として

 林下といえば大家族。兄と姉が6人、妹が5人いる。本人によると「歳上の人といる時は思いっきり“甘えさせてください!”って感じです。けど1人でも歳下がいると“お姉さんしなきゃ”ってなるんですよ」。天咲のデビュー以降、インタビュースペースなどでの林下の“お姉さんっぷり”も新たな見ものになっている。

 なぜQQが大事なのか。林下はデビュー当時から“ビッグダディの三女”として売り出され、話題になった。自分としては1人の新人として扱われたかったが「どうせいつか分かることだから」ということになった。結果を出す前から注目されることは、逆風にもつながる。だから人一倍練習したし、プロレスのことを誰よりも考えた。入門する前から「家族とプロレスだけでしたから、自分は」。

 そんな彼女がQQに誘われて、仲間ができた。“ビッグダディの三女”だけでなく“QQの林下詩美”という顔ができた。そのことでどれだけ救われたか。もしスターダムがユニット主体でなかったら、もしQQに入っていなかったら「今までやってこれたかどうか分からないです」。

 今は「新しい林下詩美が見せられる時期」だ。その根底にはQQへの想いがある。

「新体制のQQだからこそ、チームでベルトがほしいです。私はQQに育ててもらった。もらった愛は愛で返したいので」

 チームプレイヤー林下詩美、ときどき中野ぅたみ。“女王”ではない今を満喫できているから、魅力も落ちないのだろう。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
林下詩美
宮舘涼太
Snow Man
中野たむ
Queen's Quest
スターダム

プロレスの前後の記事

ページトップ