SCORE CARDBACK NUMBER

「データ通りにいかないのが野球」好調の鈴木誠也が最優先した感覚。

posted2022/05/09 07:00

 
「データ通りにいかないのが野球」好調の鈴木誠也が最優先した感覚。<Number Web> photograph by KYODO

4番に座った4月18日、7回に勝ち越しの生還を果たし、祝福される鈴木。日本人最長タイの12試合連続出塁も達成

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

KYODO

 メジャー1年目のカブス鈴木誠也が、快調なスタートを切った。デビュー戦となった4月7日の開幕戦で初安打を放つと、2戦目には初打点、3戦目には初本塁打と、確かな足取りで階段を駆け上がっていく。開幕2週目には、ナ・リーグの週間MVPに選出され、全米での知名度も一気に上がった。それでも、鈴木には安堵感も気の緩みもない。

「必死にやって、結果が今、たまたまついてきている。嬉しいけれど、たかが1週間。続けられなかったら意味がない」

 昨オフのロックアウトが3カ月に及んだ影響で、契約交渉が遅れ、キャンプに合流したのは3月18日。オープン戦はわずか7試合、計20打席の出場にとどまり、実戦不足が心配された。だが、デビュー以来、9試合連続安打をマークするなど、周囲の懸念をあっさりと打ち消した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 549文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

鈴木誠也
シカゴ・カブス
デービッド・ロス

MLBの前後の記事

ページトップ