プロ野球亭日乗BACK NUMBER

「FAでは獲らないと決めていた」「いま一番だらしないのは…」巨人・原辰徳監が語る、若手投手が次々にブレークできたワケ《独占取材》 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2022/04/23 17:02

「FAでは獲らないと決めていた」「いま一番だらしないのは…」巨人・原辰徳監が語る、若手投手が次々にブレークできたワケ《独占取材》<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

ドラフト1位ルーキー・大勢(左)をクローザーに起用した巨人・原監督。山崎や堀田など若手投手が次々に台頭し、首位を快走している

原監督が「本当にできるだろうか」と自問自答していること

「正直に言えば、もっと今年は苦労すると思っていました。いまでも思っています。そういういままでにないチーム構成を考えていたので、今年はチームがチームとして馴染むのに、少し時間がかかると思っていたんですね。だからどこかで辛抱もしなければならないだろうし、『5分の力であれば若い、経験値のない選手たちを使う』と言ってきたことを本当にできるだろうか、と。そういうことを自問自答してきたし、いまも自問自答していますよ。

 ただ、こういう若い選手たちを使っているのは、実は僕たち、僕自身であり桑田コーチであり、阿部(慎之助作戦)コーチであり、元木(大介)ヘッドコーチが彼らを引き上げてきて使っているわけではない。そこが大事だと思います」

――誰の力だと……。

「これは宮崎、沖縄、オープン戦の中で結果を出してきた選手たちの力です。彼らがもぎとってあの地位を得たわけですよ。大勢や赤星、伊織や賢慎だけでなく戸郷も(高橋)優貴(投手)も……優貴はちょっと出遅れて、今はリリーフになっているけどね。彼らの方が上だと思うから、そうなっているに過ぎない。僕たちがひな壇に上げたわけではなく、自分たちで舞台に上がってきている。

 だから、それは強かったですね。彼らもチームの構成上も実力至上主義だということを十二分に分かっていると思います。そこで彼らが勝ち取ってきたのが、いまの投手陣の構成なんだと思います」

 第2回は野手編。今季ブレークした吉川尚輝内野手への期待とシーズン直前に坂本勇人内野手に送った苦言、またチームの活性化を目指して新たに導入された“秘密基地”の全容を語ってくれた。

<野手編につづく>

#2に続く《独占》「そんな選手になって欲しくない」巨人・原監督が明かす、坂本勇人にLINEで送った厳しい“苦言”の中身<丸佳浩は“ヨギボーの秘密基地”で好調?>

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
読売ジャイアンツ
原辰徳
大勢
翁田大勢
赤星優志
山崎伊織
堀田賢慎
桑田真澄

プロ野球の前後の記事

ページトップ