フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

「自分の国に帰れ!」熱狂の代表選考で小松原美里&尊に届いた誹謗中傷…二人を救った“羽生結弦の言葉”とは 

text by

荘司結有

荘司結有Yu Shoji

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2022/04/22 11:02

「自分の国に帰れ!」熱狂の代表選考で小松原美里&尊に届いた誹謗中傷…二人を救った“羽生結弦の言葉”とは<Number Web> photograph by Asami Enomoto

夫婦スケーターの小松原美里、小松原尊組は、国内での熾烈な代表争いを制し、北京五輪フィギュアスケート・アイスダンス日本代表の「1枠」を掴んだ

美里 北京五輪を目指す中で、私たちはライバルと言われるお二人(村元哉中、高橋大輔組)を尊敬しているけれど、ファンの方々が争ってしまった面がありました。

 アイスダンスが盛り上がるのはいいことだし、競技力向上にもプラスだと思います。ただ、熱量の高いファンの方々が、選手を傷つけてしまうのはちょっと違うかなと思います。

――聞くのも憚られますが、具体的にはどんなアンチコメントがあったのでしょうか……?

美里 ……ここで言うのも憚れるような、侮辱的なコメントもたくさんありました。

 そうだね……差別的なコメントもあった。僕が一番ビックリしたのは「自分の国に帰れ」。アメリカから帰化して、僕の帰る国は日本になったのに……。そんなこと書かないでほしいです。

美里 本当にすごい選択をしたのに。ティムの優しさをもっと知ってくれたら、といつも思ってしまいます。

――酷いですね……。アイスダンスは国内の競技人口が少ない分、海外の選手と組むことが多いと思います。

美里 私たちは年齢が上なのでまだいいですが、若い選手が見たらスケートが嫌になっちゃうんじゃないでしょうか。18歳以下の子どもたちを守れる仕組みができたらいいなと思っています。

尊を救った羽生結弦からの言葉「悩みがあるならシェアしよう」

 去年、SNSの話を(羽生)結弦くんに相談したら「自分の中にある『大きな光』が一番大事」と言われて。すごくいい言葉だなって大切にしているんです。

――「自分の中にある『大きな光』」?

 SNSとか手紙とかを見ちゃうのは仕方ないけれど、一番大切にしなければならないのは「フィギュアスケーターとしての自分の軸がブレないこと」。オリンピックで2回もチャンピオンになった結弦にも心無い言葉が届くみたいなんですが、色々な意見があるのはもうしょうがないから、ただ自分の選択を信じて頑張ればいいって。悩みがあるならシェアしようと言ってくれました。

 僕はその言葉にすごく助けられましたし、僕も大人として、若い選手に同じことをしてあげたいなと思います。

撮影=榎本麻美

〈#1、#2から続く〉

#1から読む「すごく愛を感じます」小松原美里が涙で振り返る“ティム・コレトの帰化決断”「恐怖はあったけど、美里がいればどこでもいい」

関連記事

BACK 1 2 3
小松原美里
小松原尊
ティム・コレト
羽生結弦
高橋大輔
村元哉中
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ