フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

《独占インタビュー》宮原知子24歳が涙ながらに語った、“ミス・パーフェクト”の葛藤と引退の真実「ノーミスばかりを目指していた」 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2022/04/23 17:00

《独占インタビュー》宮原知子24歳が涙ながらに語った、“ミス・パーフェクト”の葛藤と引退の真実「ノーミスばかりを目指していた」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

3月26日に競技引退を発表した宮原知子。自身のスケート人生を振り返って思うこととは…

 音楽表現でも高く評価された宮原は、吉田都氏とのレッスンでどのようなものを得たのだろうか。

「それぞれのポーズをきめ過ぎないというか、きめられたポーズはすごくきれいにできているから、合間をどうするかということを教えていただいた。強いポーズのところは良いと思うんですけど、きれいな曲でなにげなくポーズするときに、その過程を改めて認識して目で学ぶことができました」

抱えていた不安「ジャンプを自信を持って跳べない自分がいた」

 その一方で、ジャンプでは回転不足を取られたことも多く、特に高さを出すことが課題だった。

「ジャンプのところで言うと、やっぱり自信を持って跳べない自分がいて、ずっとジュニアの時から何も考えずに跳びたいんですけど、跳ぶ瞬間に無理かもと思ってしまう自分がいた。それを取り払いたくてずっとそれで悩んでいました」

 それでもジャンプの練習は、決して嫌いではなかったという。

「本当に『いけるな』と思う時もあって、そういう時は何でも跳べる感覚があるんですけれど、それがまれなので、毎日続けばいいなと思っていました。そういう不安とかなければ、もっと自分も色々跳べたな、とずっと思っていたのです」

 だが大技は最後まであきらめなかったという。

「最後まで(トリプル)アクセルとかも挑戦はしていました」と明かした。

<後編へ続く>

#2に続く《独占インタビュー》引退・宮原知子24歳が明かすプロスケーターとしてのこれから「本格的なフラメンコで滑りたい」「医学にも興味」

関連記事

BACK 1 2 3
宮原知子
濱田美栄

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ