Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[マドン監督らが振り返る世界一]2002年アナハイムの王者たちに学べ

posted2022/04/01 07:08

 
[マドン監督らが振り返る世界一]2002年アナハイムの王者たちに学べ<Number Web> photograph by Getty Images

WS制覇を決め、抑えのパーシバルに飛びつく正捕手B・モリーナと駆け寄る主砲グロース

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

エースもスターもいない。それでもなお勝ち続けた'02年のエンゼルスは、バリー・ボンズ擁するジャイアンツをも下して世界一の栄冠を勝ち取った。あれから20年、ベースボールは大きく変化した。しかし、頂を手繰り寄せたかつての「弱者の戦術」には今季の勝利に繋がるヒントが隠されているはずだ。

 2002年10月27日、カリフォルニア州アナハイム。歓喜と興奮に包まれたエンゼルスの本拠地エジソン・フィールドには、打ち上げ花火の轟音が響き、無数の紅白テープが舞っていた。第7戦までもつれ込んだワールドシリーズでジャイアンツとの激闘を制したエンゼルスが、球団創設42年目で初めて世界一の座に就いた瞬間だった。

 幾重にも重なり合った輪の中では、いつもは冷静沈着なマイク・ソーシア監督が、珍しく頬を紅潮させ、少し甲高い声をさらに上ずらせていた。

「本当にすごいチームだ。本当にすごいことをやり遂げてくれた」

 長年、ヘブン(天国)に届かないあまりに、エンゼルス(天使)ではなく、デーモン(悪魔)と揶揄され続けた弱小球団が、ついにチャンピオンとなって天国への階段を登った。

 あれから20年。大谷翔平をはじめ、マイク・トラウト、アンソニー・レンドンら球界を代表するスター選手を抱えながらも、エンゼルスは'14年にア・リーグ地区シリーズでロイヤルズに敗れて以来、ポストシーズンから遠ざかり、低迷を続けている。才能豊かな選手を持ち、名将ジョー・マドン監督が率いながら、なぜ優勝争いにすら食い込めないのか――。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3623文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ロサンゼルス・エンゼルス
マイク・ソーシア
ジョー・マドン

MLBの前後の記事

ページトップ