Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[コーチ&女房役も驚く]投手・大谷の“2つの顔”

posted2022/03/31 07:05

 
[コーチ&女房役も驚く]投手・大谷の“2つの顔”<Number Web> photograph by Nanae Suzuki/Yukihito Taguchi

(上)「目に見えてデカくなった」とワイズ投手コーチは目を丸くした(下)捕手のスタッシも大谷の順調な調整ぶりに太鼓判

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki/Yukihito Taguchi

オープン戦初登板で159kmをマークするなど、例年以上に順調な仕上がりを見せる大谷への周囲の期待は高まるばかりだ。ピッチングコーチと2人の相棒が今季の成長を証言する。

 この春、投手・大谷翔平の評判がすこぶるいい。何がいいのか。マット・ワイズ投手コーチは言った。

「絶好調だね。私の立場にとっては、ありがたい、本当にありがたいことだ。彼はいつもハードにトレーニングをする選手だが、このオフはどれだけのトレーニングを積んできたのだろうか。そんな想像をしてしまうくらい、彼の状態はいい。昨年のこの時期よりもずっといい。トレーニングがうまく進んだことで身体が強くなり、バランスも素晴らしい。昨年より一歩進んだ身体になっている。今季を迎えるにあたり、これほど頼もしいことはない」

 ベタ褒めは、ワイズ投手コーチだけではなかった。バッテリーを組む捕手陣も口を揃え、昨季以上の状態を感じ取っていた。ブルペンで球を受けた38歳のベテラン捕手、カート・スズキは目を輝かせていた。

「軽く投げても球に鋭さが増していると感じる。昨年のキャンプは、段階を踏みながら、状態を上げていく感じだったが、今年は違う次元にいる。昨年の比ではない。先を行っている。本当に気持ち良さそうに投げているよ。今季は昨年よりもっといい投球をするだろう。特にいいのが直球だ。彼の直球はまっすぐではないんだ。少しカット気味に動く。コースによっていろんな動き方をするんだ。受けていてこれほどに楽しい投手はいないよ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1611文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
マット・ワイズ
カート・スズキ
マックス・スタッシ

MLBの前後の記事

ページトップ