Number ExBACK NUMBER

明徳義塾OBが語っていた“寮生活のリアル”「48人部屋が2つ。2段ベッドが24台」「おかしい部分を撤廃するのに、4年かかりました」 

text by

菊地高弘

菊地高弘Takahiro Kikuchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2022/03/23 11:04

明徳義塾OBが語っていた“寮生活のリアル”「48人部屋が2つ。2段ベッドが24台」「おかしい部分を撤廃するのに、4年かかりました」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2002年、夏の甲子園で初の全国制覇を成し遂げた明徳義塾ナイン。チームキャプテンは現ヤクルトコーチの森岡良介だった

「最初は親元を離れてつらいこともありましたけど、もともと母子家庭で母は仕事が忙しかったので、私はよく1人で遊びに行っていたんです。だから逆に『寮におったらみんなおる』と楽しかったですね」

 このあたりの感覚は個人差がありそうだが、佐藤部長にとって多くの人間と送る共同生活は、孤独を感じることのない最適な環境だったようだ。

甲子園にも出場。寮生活から得たもの

 1991年に明徳義塾中に入学し、翌夏の甲子園では高校球史に刻まれた「松井秀喜5敬遠事件」が起きる。「ゴジラ」の異名をとった星稜(石川)のスター選手・松井秀喜(元・ヤンキースほか)を明徳義塾が5打席連続敬遠して、勝利を収めた一戦である。この試合を機に、明徳義塾は高校野球界でヒール扱いを受けることになる。

 だが、佐藤部長に当時の話題を振っても「その頃は中学生ですから、どんな騒ぎになっているのかよくわかっていなかった」という反応だった。忌まわしい記憶を掘り返されたくない、というデリケートな雰囲気でもない。このあたりは、外野の騒音が聞こえにくい明徳義塾の環境が吉と出たのかもしれない。

 1996年には右サイドスローの吉川昌宏(元・ヤクルト)を擁して春のセンバツに出場。佐藤部長は背番号3をつけ、一塁手のレギュラーだった。

 佐藤部長に「明徳で得たものは何でしょう?」と聞いてみた。すると、佐藤部長は「う~ん」と首をひねり、悩み始めた。

「僕は今、41歳なんですけど、明徳に中高6年おって、教員としても18年おるんですよ。だから人生の24年、生活のすべてが明徳にあったので……。得たもの、と言われるとどうなのかな」

 考えを整理した上で、佐藤部長はこう続けた。

「自分のことを自分でするということでしょうね。私は自由だったら何もしない人間だと思うので、その点でよかったと思います。その代わり、大人になった今でも厳しいですよ。前日に飲み会があっても、朝は子どもたちと同じように早くに起きますから。今もなお、自分を律する生活を送っています」

48人部屋に2段ベッドがズラリ…昔の寮生活は?

 明徳義塾には「師弟同行の教育」という言葉がある。生徒だけでなく、指導者も同じ敷地内で暮らし、時間を共有する。佐藤部長は今も野球部の寮・青雲寮で家族とともに生活しているという。

 1982年生まれの内村コーチは神奈川県出身。地元の強豪校に進みたい希望を持っていたがかなわず、本人曰く「明徳から誘われた選手と一緒にとってもらった」という、言わば「バーター」として進学している。

【次ページ】 授業、練習、黙想…1日のスケジュールは?

BACK 1 2 3 4 NEXT
明徳義塾高校
馬淵史郎
高知商業高校
松井秀喜
佐藤洋
内村英二郎
川﨑新也
星稜高校

高校野球の前後の記事

ページトップ