SCORE CARDBACK NUMBER

変貌を遂げた2022年F1マシン、大改革は実を結ぶのか。

posted2022/03/18 07:00

 
変貌を遂げた2022年F1マシン、大改革は実を結ぶのか。<Number Web> photograph by AFLO

新規則で前後ウイングが特徴的に変貌した今季のマシン。チャンピオンドライバーが#1を付けるのも久しぶりだ

text by

今宮雅子

今宮雅子Masako Imamiya

PROFILE

photograph by

AFLO

 今シーズンのF1マシンは昨年までとまったく異なる姿になった。空力マシンはダウンフォースによって異次元のグリップ力を得てきたが、今年のマシンではその発生源がボディワーク上からフロア下へと大きくシフトした。技術規則が抜本的に変更されたためだ。

 歴史的に、F1の技術規則は安全性の向上と、マシン性能の抑制を目的に変更を重ねてきた。近年では予算削減や過度な(汎用性のない)技術の競争を抑制することを目的とした例もあるが、熾烈な競争の世界では、エンジニアたちの創造力に対抗して規制を強めていかないことには、速さに歯止めが利かなくなる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 646文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

F1の前後の記事

ページトップ