SCORE CARDBACK NUMBER

デジタル全盛もカード熱は冷めず。継承される“サッカーの入口”。

posted2022/01/29 07:00

 
デジタル全盛もカード熱は冷めず。継承される“サッカーの入口”。<Number Web> photograph by AFLO

パニーニのカードで遊ぶ親子。同社はオリンピックやEUROなどビッグイベントでも、公式カードを販売している

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

AFLO

 バルセロナの広場を歩いていると、少年たちがサッカーカードを交換している光景に出くわした。

 小学生くらいの数人が集まり、お互いの手の中のカードを覗き込むようにして、何やら話し込んでいる。お気に入りの選手の自慢か、あるいは交換条件を提示しているのか。広場の隅の新聞スタンドには彼らが集めるサッカーカードのパックが売られている。店主に聞くと、学校の休み時間や放課後に友人同士で集まりカードを交換しているという。

 2022年にフィジカルなカードが子供に支持されていることに驚いたが、以前は街のいたる所でこのような光景が見られたという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 662文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

海外サッカーの前後の記事

ページトップ