箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

青学レギュラーは“あの大手外食チェーン”に就職…箱根駅伝で「活躍した4年生」はどこへ行くのか? 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byAFLO

posted2022/01/13 17:06

青学レギュラーは“あの大手外食チェーン”に就職…箱根駅伝で「活躍した4年生」はどこへ行くのか?<Number Web> photograph by AFLO

青山学院大学の総合優勝に終わった今年の箱根駅伝。各校の4年生ランナーたちの進路を追った

 三浦は、箱根3区7位と上々の走りを見せて、総合6位に貢献した。10000m28分20秒13の持ちタイムは、大塚製薬でトップクラス。清水颯大(順大卒)、秦将吾(山梨学大卒)ら近い年代の選手と競ってレベルアップできそうだ。

 井上が進む大阪ガスは、関西実業団駅伝で6位になり、今回のニューイヤー駅伝への出場を逃した。中村友哉(青学大卒)らがいる中、井上が走りでチームを来年、ニューイヤー駅伝出場に導けるだろうか。

国学大)箱根4年連続1区の藤木は「強豪・旭化成」へ

 国学院大学の主将である木付琳は地元九州に戻り、九電工へ、藤木宏太は旭化成、島崎慎愛はSUBARUに入社予定だ。木付が進む九電工には大分東明高の先輩であり、マラソンに強い大塚祥平(駒大卒)がいる。昨年福岡国際マラソンでMGC出場権を獲得しており、近くで五輪出場に挑戦する姿を見るのは良い学びになるだろう。また、舟津彰馬(中大卒)らトラックに強い選手もおり、いろんな刺激を受けられるはずだ。今回のニューイヤー駅伝は27位と低迷したが、吉岡(順大)とともに新しい風を吹き込み、上位進出の役割を担う。

 箱根で4年連続1区を駆けた藤木は旭化成の相澤晃(東洋大卒)らスピードランナーの傍で、どこまでスピードを磨いていけるのか。また、相澤を超えて行けるのか、非常に楽しみだ。

 SUBARUは、今回のニューイヤー駅伝2位と台風の目になった非常に質が高いチーム。島崎は自らの走力を高めつつ、来年の元旦のニューイヤー駅伝への出場を実現できるか。

 1年から箱根を走り、前回につづいて今回も希望の5区を走り、山の神候補の一人になった殿地琢朗は現役を引退し、住宅関連の企業に就職予定だ。

【#2へ続く】

#2に続く強豪・駒澤大4年生「競技継続者はゼロ」の衝撃、創価大・嶋津は5年目へ…箱根駅伝で活躍した4年生の“意外な進路”

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
飯田貴之
青山学院大学
順天堂大学
宮下隼人
東洋大学
森凪也
中央大学
木付琳
國學院大学

陸上の前後の記事

ページトップ