Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[32歳のシーズンを語る]錦織圭「まずはいち早く、トップ10に戻りたい」

posted2022/01/09 07:02

 
[32歳のシーズンを語る]錦織圭「まずはいち早く、トップ10に戻りたい」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

故障明け、復調の兆しを掴むために臨んだ昨季は、思うようなパフォーマンスを発揮できなかった。本調子にいつ戻るのか――。試行錯誤と葛藤を抱えながらプレーした2021年を終え、32歳で新シーズンを迎える錦織圭が現在の男子テニス界と今後の展望を率直に明かした。

 1年前の記者会見で錦織圭は「1日1日の小さな努力を忘れずに。その先は見ていない」と語った。この頃は右肩の新たな故障にも悩まされ、復調への歩みは道半ばだった。そうして迎えた2021年は、東京五輪で世界7位のアンドレイ・ルブレフに快勝するなど、後半戦では彼らしさも見せた。だが、腰の故障もあってランキングは40位台にとどまり、道半ばの状況は変わらない。日々の努力が報われず、心が波立つ瞬間はないのか、残りのテニス人生をどう見通しているのか。そんな話を聞こうと、彼の前に座った。まずは昨季の振り返りから。

「やっと(結果が)出てきたのは後半、夏からの数大会ですけど、いい感覚では終われたので、これがなかったら結構悩んでいたかもしれない。戻ってこれたので気持ち的には若干晴れやかというか、曇りではないので、そこはホッとしています。でも、大変な1年でしたね。ここまで苦悩する1年というのもなかなかなかった」

 シーズン開幕直後に復帰したが、復調には時間がかかった。勝って当然と思われた相手に苦戦し、ここで勝てば波に乗れるという試合を落とすことが何度かあった。

「上位には、自分の調子がまだ戻っていないので(勝てなくても)仕方ないと思っていたけど、中堅に勝ったり負けたりで。調子が戻っていないのでしょうがないとは思いつつ、簡単に勝てないもどかしさと、勝てないから自信が戻ってこないというのがありました。昔だったら30位から100位の選手にコンスタントに勝って調子を取り戻していたので、そこがなかなか難しかったなと思います」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3013文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

錦織圭
ヤニク・シナー
マッテオ・ベレッティーニ
フェリックス・オジェアリアシム
ダニル・メドベージェフ
ロジャー・フェデラー
ラファエル・ナダル

テニスの前後の記事

ページトップ