Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<どん底からのリスタート> 錦織圭 「ふたたび世界の舞台で自分らしく」 

text by

吉松忠弘

吉松忠弘Tadahiro Yoshimatsu

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2010/11/05 06:00

<どん底からのリスタート> 錦織圭 「ふたたび世界の舞台で自分らしく」<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

初出場となった今年の全仏初戦は3-2で逆転勝ち

日本テニス界のホープとして期待された若者は
10代にして栄光と挫折を味わった。
世界トップ50を目前に発症した右ひじの痛み。
手術とリハビリを乗り越えて掴んだ自信と、
復活劇の裏に秘められた葛藤とは。

 ニューヨークは、9月に入っても日本と同じように暑かった。

 肌にまとわり付く熱気が、汗を止めどもなく押し出した。気温35度。13番コートの上は、照り返しで50度近くに達していたという。

 座っているだけで、体中を熱気が覆った。ただ、火照るような高揚感は、決して暑さのためだけではない。どちらに転ぶか分からない死闘が、じりじりとした猛暑に拍車を掛けていた。

 テニスの全米オープン2回戦を戦っていた錦織圭は、頭が朦朧としてきたのを感じていた。第4セットのタイブレーク。これを落としたらセット1-3で敗れる。すでに試合開始から4時間が経過していた。

「4セット目は、もう意識が飛びそうなぐらいの状態でタイブレークを戦っていたんです。これを取っても、まだ1セットあるのかと思うと、さすがに気持ちが切れそうになった。それでも自分をプッシュしてタイブレークを取って、5セット目はどうなってもいいからあきらめずにやろうと。この試合で得た自信はすごく大きかったし、ようやく戻ってきたんだなと感じていました」

 相手のマリン・チリッチ(クロアチア)は第11シード。今年1月の全豪オープンでベスト4に進出し、2月には自己最高の世界ランク9位になっている。'08年3月の米インディアンウエルズの大会で初対戦し、錦織はストレートで敗れていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4548文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

越境最前線。~世界から見た日本人の価値~
錦織圭

テニスの前後の記事

ページトップ