競馬PRESSBACK NUMBER

「騎手の仕事に性差はあるか」「育児との両立は困難?」JRA初の女性騎手・細江純子が明かす“競馬界と女性”の問題への本音 

text by

音部美穂

音部美穂Miho Otobe

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2021/12/24 11:03

「騎手の仕事に性差はあるか」「育児との両立は困難?」JRA初の女性騎手・細江純子が明かす“競馬界と女性”の問題への本音<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

現在はホースコラボレーターとして活動を続ける細江純子に“競馬と女性”の問題を聞いた

「子育てと仕事の両立」は競馬界の重要な課題

 競馬界の女性にとっての目下の課題は、「子育てと仕事の両立」だと細江は語る。一度は引退したものの、2児の出産を経て復帰した宮下瞳について、細江は次のように明かしてくれた。

「瞳さんは、『ジョッキーをやっているママが見たい』という息子さんの言葉で、復帰を決意したそうです。子供の存在がパワーになったのは素晴らしいことですが、一方で子供を抱えながらケガも多い騎手の仕事を続ける苦労は、並大抵ではありません。彼女の場合、旦那さんが仕事で海外にいるので、なおさらです。

 瞳さんに聞いたところ、レースで大ケガをした時は、血縁関係もないご近所の方や後輩ジョッキーが子供たちの面倒を見てくれたのだとか。彼女自身、後輩がデビューした際に、食事の面など、母親のようにサポートしており、その優しさや気遣いが、瞳さんに返ってきているんでしょうね。まさに情けは人のためならず。しかし裏を返せば、騎手と育児を両立できるかどうかは、個人の努力に委ねられているわけです。

 競馬界に限ったことではないですが、育児は女性だけがするものではないとはいえ、どうしても女性に負担が偏りがちな現実がある。女性が長く活躍するためには、そういった部分の環境整備も必要となってくるのかもしれませんね」

 細江自身も、小学2年生の息子を育てる働く母だ。産後3カ月で仕事復帰し、育児と仕事を両立させてきた。現在は住まいのある滋賀と東京を行き来する生活を送っている。

「うちの夫は調教助手で、厩舎にいる時間が長いので、家にはほとんどいられない。そのため、子供が小さい時期は、朝の調教取材や東京でのTV出演の際は午前4時前後に起きて、託児所に子供を預け、取材や仕事が終わったら迎えに行って、子供が寝ている隙に原稿を書く……といったことの繰り返しで、毎日が綱渡りのようでした。愛知に住む両親に来てもらって手伝いをお願いしていた時期もあります」

藤田菜七子への周囲のアドバイスに、細江が安心した理由

 今日の競馬界では、騎手だけではなく、調教師、調教助手、厩務員など裏方の仕事にも徐々に女性が増え始めているという。

「私が現役だった頃にも、ごく少数ながら女性はいたのですが、調教師の娘さんなど、縁故関係がある人ばかりだった。今は、縁故がなくても純粋に馬が好きで競馬界を志す女性が増えてきています。また、女性騎手が引退後、調教師と結婚して一緒に厩舎の仕事に携わったり、厩務員どうしの結婚も生まれ、女性が家庭を持ちながら競馬にかかわるというのが珍しいことではなくなりつつある。そういった意味では女性にとって働きやすい環境になってきていることは確かだと思います」

 JRAに女性初の騎手が誕生してから25年。時代の移り変わりとともに、競馬界も確実に変わってきたと細江は言う。

「数年前、競馬学校の教官の方に、生理など女性特有の体調の変化についてどのようにサポートしたらよいのか相談を受けたことがあります。これは、競馬界が女性の存在を強く意識し、活躍のための環境を整えようとしていることの表れといえるでしょう。

 また、先述したように、私が悩んだことの一つが取材対応でした。だからこそ、藤田菜七子さんがデビューした時に、根本先生(根本康広調教師)が『競馬を伝えることも仕事の一つ。だから、誰にも遠慮せずに取材を受けていいんだよ』と言ったと聞いて、本当に安心しました。ただでさえ、まだ10代の学校を出たばかりの子たちです。少しでも早く騎乗数を増やしたいと願う一方で、大人としての振る舞いも覚える必要があるとなれば、精いっぱいの状態。注目度が高くロールモデルが少ない女性なら、なおのことでしょう。周囲の大人が道を示すことで、安心して騎乗に専念できる女性騎手が増えれば、その活躍に憧れて後に続く女性も増えていくと思います」《#3につづく》

#3に続く
「ウマ娘」に“実名出演”で話題に…細江純子が肌で感じた影響力と“大ヒットの理由”「馬にも個性がある。その視点が好きなんです」

関連記事

BACK 1 2 3
細江純子
藤田菜七子
永島まなみ
古川奈穂

競馬の前後の記事

ページトップ