進取の将棋BACK NUMBER

藤井聡太竜王は能楽堂やお寺でタイトル戦、将棋会館では一斉に… 「自分の対局を他の棋士が見に来ないと寂しい」理由とは 

text by

中村太地

中村太地Taichi Nakamura

PROFILE

photograph by日本将棋連盟

posted2021/12/02 11:04

藤井聡太竜王は能楽堂やお寺でタイトル戦、将棋会館では一斉に… 「自分の対局を他の棋士が見に来ないと寂しい」理由とは<Number Web> photograph by 日本将棋連盟

竜王戦第1局の対局場はセルリアンタワー能楽堂だった

 東京だとやっぱり特別対局室(以下、特対)でしょうか、数々の大勝負が繰り広げられてきましたから。私も王座を保持している時は、特対の上座で対局させてもらうことが多かったです。今も上位の先生と当たると特対で対局することがありますが、やはり気が引き締まる感じはしますね。

自分の対局を“見てもらえない”ことは寂しい?

 その一方で、一斉に対局するシチュエーションも将棋界には存在します。私たち棋士全員が経験した奨励会はまさにその典型で、本当に距離感が近いです。現在はソーシャルディスタンスに気をつけながらですが、2mほどの間隔で対局しています。

 ちなみに奨励会時代の“あるある”かと思うのですが、自分の対局に集中しつつも……一斉にやっていると、どうしても横の対局が気になるものなんです。本当は自分自身の対局に集中するべきですけど(笑)。

 ライバルがどうなっている?
 なんか面白そうな将棋をやっているぞ。
 次の対局で当たりそうな人のところを見に行くか……。

 こんな風に、ふと思ってしまうのが人間の性かと思いますし、自分の持ち時間が減るだけですので(笑)。気分転換で席を外して、休憩スペースなどでお話ししてるという人もいますね。

 素朴な疑問で、見られている側は気にはならない、ですか? 若干、気にはなりますけど慣れるというか……でも逆に言うと、全く見に来られないと寂しいんです。「自分の対局に興味がない、勉強にならない対局と思われているのか……」と言いましょうか。そういったシビアさも持ち合わせた世界でもあるんです。<続く>

#3に続く藤井フィーバーだけど「将棋会館の建て替えには恥ずかしながら資金面が…」 クラファン開始の実情を中村太地七段が正直に語る

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
藤井聡太
豊島将之
渡辺明
中村太地

ゲームの前後の記事

ページトップ