All in the Next ChapterBACK NUMBER

「やっぱり日本人はナメられているじゃないですか」堀口恭司タイトルマッチ直前に語るベルト奪還への思い…最終調整は“空手”? 

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph byRINZIN FF Susumu Nagao

posted2021/11/23 11:01

「やっぱり日本人はナメられているじゃないですか」堀口恭司タイトルマッチ直前に語るベルト奪還への思い…最終調整は“空手”?<Number Web> photograph by RINZIN FF Susumu Nagao

12月3日、RIZIN王者としてBellator世界バンタム級タイトルマッチに挑む堀口恭司。約1年ぶりとなるリングでどんな“強さ”を見せつけるか

――今回はRIZINのベルトを持っての挑戦です。前回のインタビューでは「いつもベルトのことはあまり考えていない」と話していました。

堀口 考えないですよ。やっぱり本当に直前にならないと。もちろん試合のことや対策は考えますけど、いつも呑気なんですよ(笑)。

――RIZIN王者として「日本代表」という思いや誇りはありますか。

堀口 やっぱり日本人はナメられているじゃないですか。UFCやBellatorに(日本人は)いないですから、そうなると日本はレベルが低いと見られてしまう。そういう意味でも今回しっかりベルトを獲って「日本人は強いよ」というところを見せたい。もっと格闘技を広めて、下の世代の子たちに夢を持たせたいですよね。

――アメリカに渡ったことで、改めて母国への思いが芽生えてきたのでしょうか。

堀口 自分の場合は、日本っていうバカでかいものではなくて、空手の師匠だった二瓶(弘宇)さんだったり、親だったり、そういう身近な人のサポートがあって今の自分があるんだなということを改めて感じているので。支えてくれた人たちへの恩返しを、という思いで戦っています。「世界一強い格闘家」を目指してやっているし、その称号を獲った時は、きっと周りの人たちも喜んでくれると思う。それを見たいですね。

――前回の試合では決着後に「イージーファイト」と叫ぶ姿が話題となりました(本人曰く「俺らならこんな感じだよね」という意)。

堀口 頑張ります、忘れていなかったら(笑)。ATTのオーナーからも、どんなにボロボロになっても「イージーファイトと言え」って言われているんですよ。だから血だらけになって叫ぶのもいいかなって。

――新しい「イージーファイト」を楽しみにしています。

堀口 ありがとうございます。頑張ってきます。

※12月3日のタイトルマッチ後にも堀口恭司選手のインタビューを予定しています。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
堀口恭司
セルジオ・ペティス

格闘技の前後の記事

ページトップ