Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ロングインタビュー]大谷翔平「圧巻のシーズンを終えて」

posted2021/11/18 07:04

 
[ロングインタビュー]大谷翔平「圧巻のシーズンを終えて」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

二刀流を続けられなくなるかもしれない――。人知れず危機感を抱えて臨んだ2021年、すべての懸念を払拭する結果で答えを出した。この圧巻のシーズンを、彼はどう振り返るのか。

――おかえりなさい。帰国してからは10日間の自宅待機期間があったと思いますが、どんなふうに過ごしていたんですか。

「ちゃんと待機していましたよ。外へは一歩も出ていません。ただ、テレビをつけたりすると、ああ、日本に帰ってきたなと感じることはありましたね」

――でも、日本のバラエティ番組はアメリカでも見ているんですよね。

「それはナマで見ているわけじゃないし、向こうにいるときは日本のニュースは見られませんからね。朝、起きてテレビをつけたら、ニュース、やってるじゃないですか。ちょうど衆議院選挙もありましたし、日本のニュースが新鮮でした」

――オフになってもシーズン中と変わらないくらいの長時間、寝ているんですか。

「長時間というより、こっちに帰ってきてからは規則正しい生活をしています。夜は10時半には寝てますから……最初は時差ボケでもっと早く寝ちゃってましたけど、そのクセがついて、今は早寝早起きです」

――夢を見たりすることはあるんですか。

「夢ですか……見ますよ。野球の夢もけっこう見ます。いちばん多いのは、ライト前にヒットを打ったのに、足が前に進まない夢(笑)。水の中を走っているような感じでちっとも前に進まなくて、一塁でアウトになるんです。その夢はよく見ますね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 9517文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ