SCORE CARDBACK NUMBER

RIZINがついに沖縄初上陸。格闘大国に大型興行は根づくか。

posted2021/11/14 07:00

 
RIZINがついに沖縄初上陸。格闘大国に大型興行は根づくか。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

パンクラスでは軽量級で3階級制覇を成し遂げ、殿堂入りも果たした砂辺。3度目のRIZINでは村元友太郎と対戦

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

Susumu Nagao

 11月20日、RIZINが沖縄に初上陸を果たす。この地での格闘技のビッグイベント開催は、'04年2月のK-1 JAPAN以来実に17年ぶり。MMA(総合格闘技)絡みのイベントとしては初となる。

 もともと沖縄は格闘技が盛んな土地柄。この島発祥の伝統派空手は教育の一環として取り入れられ、ひとつの通りに空手道場が複数存在するケースもある。プロボクシングでも具志堅用高を筆頭に9名の世界王者を輩出している。都道府県別に見ると、大阪(10人)に次いで第2位。人口を考えると、沖縄の方が圧倒的に拳闘熱は高い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 627文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

砂辺光久
平良達郎
RENA
山本美憂

格闘技の前後の記事

ページトップ