濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

RIZIN復帰戦勝利は成長過程。
RENAの“寝技勝負”に見た可能性。

posted2019/05/01 11:00

 
RIZIN復帰戦勝利は成長過程。RENAの“寝技勝負”に見た可能性。<Number Web> photograph by Susumu Nagao

大晦日に対戦するはずだったサマンサを倒し、連敗を止めたRENA。試合後は「ホッとしました」と笑顔を見せた。

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Susumu Nagao

 6年間勝ち続けた人間が喫した連敗とは、いったいどれほど重いものだったのか。

 立ち技格闘技シュートボクシングの女子エースとして長く活躍してきたRENAは、RIZIN旗揚げとともにMMAに挑戦してさらに幅広い人気を得た。2015年の大晦日、MMA初戦のフィニッシュは飛びつき腕十字固め。華と勝負強さを持つ彼女を世間が放っておくはずはなかった。

 6年ぶりの敗戦は、'17年の大晦日に訪れた。女子スーパーアトム級GPトーナメント、その決勝という檜舞台での一本負けだった。勝った浅倉カンナはレスリングをベースとする選手だ。タックルでグラウンドに持ち込み、リアネイキッドチョーク(裸絞め)という展開は、RENAが最も避けなければいけないものだった。

 昨年7月のリマッチでも、RENAは敗れた。テイクダウンディフェンスは向上していたが、ディフェンスが目立つのは後手に回ったからでもあった。再起をかけた昨年の大晦日は、減量にともなう体調不良で病院に運ばれ、欠場に。この日は、アメリカの団体でベルトを巻いた世界レベルの強豪、RENAにMMAを指導してきた浜崎朱加が浅倉に圧勝している。RENAがRIZIN女子の中心だった時代は、過去のものになろうとしていた。最後の勝ち星から、1年以上が経過していた。

“RENAのための試合”。

「平成の失敗は平成のうちに片付けたい」

 そう言って参戦したのは『RIZIN.15』横浜アリーナ大会。対戦相手は、大晦日に闘うはずだったサマンサ・ジャン=フランソワである。契約体重は、前回の49kgから51kgになった。RENAは階級アップを見据えているという。

 そうした面でも、これは“RENAのための試合”で、だから万に一つも負けられなかった。勝つために求められるのは、浅倉戦のようにグラウンドにならず、スタンドで打撃を当て続けることだ。

 だが実際にはそうならなかった。というより、RENAがしなかった。

【次ページ】 負けられない試合でRENAが見せたのは?

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

RENA
サマンサ・ジャン=フランソワ

格闘技の前後のコラム

ページトップ