SCORE CARDBACK NUMBER

三浦&木原が日本人ペア初の表彰台。「もっと名前を売っていきたい」

posted2021/11/08 07:00

 
三浦&木原が日本人ペア初の表彰台。「もっと名前を売っていきたい」<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

合計208.20点で2位に。日本勢としても'11年NHK杯の高橋成美、マービン・トラン(カナダ)組以来となる表彰台

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Yukihito Taguchi

「りくりゅう」が歴史に名を刻んだ。GPスケートアメリカで、三浦璃来&木原龍一組が2位となり、GPシリーズで日本人同士のペアによる初のメダル獲得という快挙を遂げた。

 2人は'19年に組み、カナダを拠点に練習。初めて組んだ時に木原は「ツイストリフトってこんなに上がるんだ」と感じた。三浦のバネ感のあるテイクオフの仕方が、上半身の強い木原の投げ方とうまく噛み合ったのだろう。'21年3月の世界選手権では見事10位。オフの間はフリーの通し練習を週1回から3回に増やし、持久力トレーニングにも力を入れた。今季初戦のオータムクラシックでは、初優勝。すると木原はこう話した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 622文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

三浦璃来
木原龍一

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ