SCORE CARDBACK NUMBER

女子レスリングに高校生ニューヒロイン! 藤波朱理(17)が世界選手権を圧勝「自分がパリに行きたい」<東京五輪金・向田真優との争い?>

posted2021/11/08 06:00

 
女子レスリングに高校生ニューヒロイン! 藤波朱理(17)が世界選手権を圧勝「自分がパリに行きたい」<東京五輪金・向田真優との争い?><Number Web> photograph by KYODO

藤波(左から2人目)は決勝戦でモルドバの選手に対し、得意の片足タックルで得点を重ね、2分14秒で完勝した

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

KYODO

 東京五輪で4階級金メダルに輝くなど、日本の金城湯池が続く女子レスリング界に、また新たなホープが誕生した。ノルウェーのオスロで10月上旬に開かれたレスリング世界選手権女子53kg級で、17歳の藤波朱理(三重・いなべ総合学園高校3年)が金メダルを獲得。初出場ながら全4試合で無失点のテクニカルフォール勝ちという圧巻の戦いに、世界が目を見張った。

 日本の高校生の世界選手権優勝は、東京五輪女子50kg級を無失点で制した須崎優衣が2017年に達成して以来の快挙。藤波は試合直後のインタビューで「素晴らしい気分。支えてくれた家族、友人、仲間に感謝したい」と英語で受け答えするなど、早くも大物感が漂っている。

 いなべ総合学園高レスリング部で監督を務める俊一さんを父に持ち、兄の勇飛も世界選手権メダリストというレスリング一家に育った。現在は柔軟性の高い動きから繰り出す片足タックルを最大の武器としつつ、グラウンドでのテクニックを磨いている最中だ。手本にしているのは東京五輪男子フリースタイル65kg級金メダリストの乙黒拓斗。

「東京五輪を見て本当にすごいなと思った。カウンターもできるし、自分から攻めることもできる。見ていて面白いレスリング、たくさん展開のあるレスリングは自分も意識していること」と言い、乙黒の動画を毎日見ているという。

目標はパリ五輪優勝

 探求心も光る藤波には、さらに意志の強さとメンタルの安定感という武器もある。初のシニア大会出場だった昨年の全日本選手権で53kg級を制した時も堂々たる立ち居振る舞い。「小さいころからあこがれてきた舞台ですが、優勝を狙って勝てたのがうれしい。自分から先に攻めたのが勝因だったと思う」と冷静に分析する姿が印象的だった。

 目標はもちろんパリ五輪優勝だが、女子53kg級には東京五輪の金メダリストである24歳の向田真優がいる。向田がライバルならきわめて激しい代表争いが待ち受ける。しかし、藤波に臆する様子はない。

「国内に五輪チャンピオンがいるのは逆にチャンス。世界で一番強い選手を倒して自分がパリに行きたい」

 どんなに強気な言葉を口にしても地に足がついているのが藤波。目の離せない逸材がまた1人増えた。

<親とコーチが語る育成論>新しい金メダリストのつくり方。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1038

<親とコーチが語る育成論>
新しい金メダリストのつくり方。

【LA密着撮影&インタビュー】
堀米雄斗「ただただスケボーが好きだから」

【新星たちの原風景】
四十住さくら&西矢椛/橋本大輝/鳥海連志

【母2人が語る幼少時代】
水谷隼&伊藤美誠「磐田から世界一へ」

【鬼コーチ対談】
エディー・ジョーンズ×トム・ホーバス「私たちはこうして日本を勝たせた」

定価:本体640円(税込)目次ページへ

関連記事

藤波朱理
いなべ総合学園高校
乙黒拓斗
向田真優
須崎優衣
パリ五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ