Beyond The GameBACK NUMBER

米同時多発テロとあるヒーローの物語。

posted2021/10/18 07:00

 
米同時多発テロとあるヒーローの物語。<Number Web> photograph by “Legacy:The Mark Bringham Story”, and by Getty Images

大学時代のビンガム氏。墜落現場の碑には、彼らが犯人に立ち向かった際に発した「LET'S ROLL」(さあ、やろうぜ)という言葉が

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

“Legacy:The Mark Bringham Story”, and by Getty Images

 背番号は「6」か「7」である。ラグビーのフランカー、球を追い、奪い、動くものすべてに突き刺さる。

 そこがマーク・ビンガムのポジションだった。193cmの長身、体重100kg超。1991年、カリフォルニア大学バークレイ校のチームで学生チャンピオンの栄誉に浴した。タフで少々ラフ。タックルを愛していた。

 なにしろラグビーならぬアメリカン・フットボールのバークレイ校を応援するうち血がたぎって、観客席を飛び出し、対戦校のスタンフォード大学のマスコットをぶっ倒したほどだ。このときは2日ほど収監された。

 そして2001年の9月11日、ボーイング757機のコックピットにタックルした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1040文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

マーク・ビンガム

ラグビーの前後の記事

ページトップ