Sports Graphic NumberBACK NUMBER

“競馬大好き芸人”蛍原徹が明かす、一番忘れられない名牝は?「新幹線のデッキで聞いた『蛍原さん、ホクトベガ死んだ!』」

posted2021/10/12 17:05

 
“競馬大好き芸人”蛍原徹が明かす、一番忘れられない名牝は?「新幹線のデッキで聞いた『蛍原さん、ホクトベガ死んだ!』」<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

1993年にデビューし、エリザベス女王杯を制したホクトベガ。97年ドバイワールドカップで左前脚を骨折し安楽死

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Keiji Ishikawa

Number最新号「運命の名牝」に収録されている「この名牝がスゴかった!」では、各界の競馬ファンに思い出に残る名牝について語ってもらっています。今回は特別に元雨上がり決死隊、“競馬大好き芸人”蛍原徹さんのインタビューを全文公開!

「ベガはベガでもホクトベガ!」

 この名実況が飛び出したのは、忘れもしない、1993年のエリザベス女王杯。武豊騎手が乗ってた人気のベガではなく、9番人気のホクトベガが勝ったレースです。僕は馬連を買ってまして、2着のノースフライトとの組み合わせは2万5000円もつきましたから、3連複も3連単もない当時としては、大穴中の大穴の的中でした。100円、200円しか買ってませんでしたが、ただただ気持ちよかったですね。そこから、ホクトベガへの思い入れが強くなっていきました。

 僕は競馬は、若い頃からずっと穴党です。どのレースでもだいたい、競馬新聞をじっくり見て、印のあまりついていない人気薄の馬の中から、「どれが可能性あるやろな」という感じで、穴馬を探していくわけです。エリザベス女王杯でホクトベガを狙ったのは、枠も1枠で、最後インを突いてうまいこと伸びてくるんじゃないか、という予想でした。それが結果的にピッタリはまったわけですが、僕はいつも馬券を買う時、95%くらいは「来ない」と思ってるんですよ。穴も来ないけど、かといってグリグリの◎がいつも必ず来るとは限らないでしょ? だったら穴を買っとこうという考えです。

 それに、アホちゃうかと思われるかもしれないですが、僕、極論すれば、買った馬が来なくてもいいんです。予想すること自体が楽しいですから。来たらラッキー、外れてもホンマくやしくない。だから、僕と一緒に競馬場行くと、全然くやしがらないんで、みんなびっくりします。ホクトベガの時も、「お、マジで。ホンマに来た」くらいの感じでした。もともと、95%来ないと思ってるわけですから。いや、買った馬が来るに越したことはないんですよ(笑)。

「蛍原さん、ホクトベガ死んだ!」

 ホクトベガはその後、芝のレースでは勝ったり負けたり。それが、ダートを走ったら強い、強い。何連勝もして、地方で大差で勝ったり、大レースも獲った(96年南部杯)。ここまでダートに強かったんや、と感心しましたね。逆に言えば、こんなダートに強い馬がエリザベス女王杯も勝ったんや、これはすごいなと。きっかけは馬券でしたが、ホクトベガには、そうしたドラマ性に惹かれていったんです。

【次ページ】 「蛍原さん、ホクトベガ死んだ!」

1 2 NEXT
蛍原徹
ホクトベガ
武豊
雨上がり決死隊
ベガ

競馬の前後の記事

ページトップ