猛牛のささやきBACK NUMBER

難病と闘うオリックス西浦颯大(22)早すぎる引退「ずっと、プロ野球選手が将来の夢」恩師・馬淵監督も惜しがる才能 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byNoriko Yonemushi

posted2021/09/30 11:06

難病と闘うオリックス西浦颯大(22)早すぎる引退「ずっと、プロ野球選手が将来の夢」恩師・馬淵監督も惜しがる才能<Number Web> photograph by Noriko Yonemushi

9月28日、ウエスタン・リーグ広島戦で引退試合を行った西浦颯大。最終回、1球限りの出場となったが、センターの守備についた

 球団から西浦の引退が発表された翌日の25日、京セラドーム大阪で行われた一軍の楽天戦前の円陣で、声出しの担当だった宗佑磨が声を張り上げて言った。

「一緒にやってきた西浦君が引退を発表しました。彼みたいに野球がしたいと思っている若い子でも、野球ができなくなってしまう時があります。いつそうなるか、みんなわからないんですよ。今日怪我してできなくなるかもしれない。全員、そういう熱い気持ちを持って、1試合1試合取り組んでいってください。

 今日も絶対に勝ちます!いや僕ら勝たなきゃいけないんです!最後まで諦めず戦っていきましょう!」

 その映像を見た西浦は、「ちょっとウルッときましたね。やってくれるな、アイツって(笑)」

 翌日、今度は試合前の円陣に西浦が現れ、球場のファンを驚かせた。実は西浦自身にとってもサプライズだった。

 その日の朝9時半、一軍のマネージャーからの電話に出ると、電話の向こうに中嶋聡監督がいた。

「おい今から来いよ」

 驚いたが、「めっちゃ嬉しかったです」

 すぐに着替えて京セラドームに向かった。今年は育成契約のため背番号は「125」だが、昨年まで背負った「00」のユニフォームで円陣に加わった。

「まず、4年間ほんとにありがとうございました。4年って結構短いようですけど、僕からしたら長い時間に感じていて、本当に濃い4年間を過ごすことができました。僕も応援するので、みんなで一緒に、僕のためと思って(笑)、優勝してください。優勝してもらわないと困ります!」

 久しぶりの円陣に緊張しながらも、チームメイトへの感謝を伝え、優勝への思いを託した。

「ずっと、プロ野球選手が将来の夢」

 病気がわかってから、西浦は常に前向きだった。残酷な現実を真正面から受け入れ、挑み続けた。手術後の痛みは「生き地獄」と表現するほど壮絶だったが、あえてその手術直後に強がってピースをした写真をSNSに投稿した。ファンに心配をかけたくない。同じように闘っている人の励みになれば。何より、野球を諦めたくない。そんな思いが伝わるから、西浦は多くの人々に応援された。28日のウエスタン・リーグ広島戦も、西浦の引退試合となることが発表されるとチケットは即完売した。

 次の道はまだ決めていないが、野球に携わりたいと考えている。前向きで好奇心旺盛な西浦のことだ。きっとまた打ち込める道を見つけられるに違いない。

 だが幼い頃からの夢はずっと心の中に在り続ける。「この先の夢は?」と聞かれた西浦はこう答えた。

「僕はずっと夢はプロ野球選手なんです。まあ現実的には無理なんで、心の中で、ずっと、プロ野球選手が将来の夢です」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
オリックス・バファローズ
西浦颯大
明徳義塾高校
馬淵史郎

プロ野球の前後の記事

ページトップ