Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[後輩より敬愛メッセージ]白井健三「航平さんに出会えたという奇跡」

posted2021/07/29 07:01

 
[後輩より敬愛メッセージ]白井健三「航平さんに出会えたという奇跡」<Number Web> photograph by KYODO

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

KYODO

今年6月の全日本種目別選手権後に現役引退を発表した“ひねり王子”が8歳上の偉大なる先輩から受けた影響と数々のエピソードを明かした。

 航平さんと初めて話したのは僕が日体大のジュニアクラブに入っていた小6の時です。航平さんは日体大2年生で、'08年北京五輪に初出場した年でした。たまたま体育館にいるとき話しかけてくれたのですが、その時に言われたのが「リオ五輪は8年後だから君は19歳か。じゃあ君もリオに行けるな」ということです。その時、航平さんは19歳だったんです。「何を言っているんだ、この人は」と思いましたが、8年後に実現したのだからすごいですよね。

 日本代表として一緒に海外に行くようになったのは、高2の時の'13年世界選手権からです。僕はこの大会で種目別ゆかの金メダルを獲得したのですが、結果以上に僕を成長させてくれたのは代表合宿でした。

 合宿で航平さんがよく教えてくれたのは鉄棒のコバチの車輪や、つり輪の中水平などです。これらは僕が苦手としている種目や技。つまり、日本が団体で戦っていくうえであまりメリットにならないようなことを教えてくれていました。言い方は悪いですが、勝つための団体戦メンバーとして僕を育て上げようというのではなく、本当に一人の体操選手として面倒をみてくれていたような印象があります。

 それぞれの選手を見て考えてくれる姿勢はずっと変わりません。今なら例えば(萱)和磨や(谷川)航、(橋本)大輝や(北園)丈琉。航平さんは彼らに誰一人として同じアドバイスをしていないと思います。なぜなら、「健三はこういうタイプだから」というセリフが必ず文頭につきますからね。いつも人をよく見てるし、助言の引き出しも多い。だから合宿の時などは大学や高校の指導者が「航平、教えてあげてよ」と言うんです。それくらい先生方からの信頼も厚いのが航平さんです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1135文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

HEAT UP! TOKYO2020東京五輪 金メダル速報&後半戦プレビュー

関連記事

内村航平
白井健三
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

体操の前後の記事

ページトップ