SCORE CARDBACK NUMBER

生活すべてが野球、メジャー施設が庭。Jr.選手の活躍に見える日米の差。

posted2021/07/21 07:01

 
生活すべてが野球、メジャー施設が庭。Jr.選手の活躍に見える日米の差。<Number Web> photograph by AFLO

ゲレロJr.は大谷と本塁打王を争う。父は2度のトリプルスリー、'07年ホームランダービー優勝を果たした名選手

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

AFLO

 今季の球宴に、ウラジミール・ゲレロJr.(ブルージェイズ)、フェルナンド・タティスJr.(パドレス)がファン投票で選出されたように、近年のメジャーでは「Jr.世代」の活躍が際立ってきた。2人とも22歳の若さながら、デビュー以来、瞬く間にチームの主軸を担い、順調にスター街道を歩んできた。

 ゲレロの父は、通算449本塁打、'04年MVPなどの実績を残し、野球殿堂入りしたスラッガーとして一時代を築いた。タティスの父は、'99年に史上唯一となる1イニング2本の満塁本塁打を放つなど、強打者として活躍。今季の球宴に選出されたマイケル・ブラントリー(アストロズ)、ボ・ビシェット(ブルージェイズ)も元大リーガーを父に持つなど、スター選手となるJr.は数多い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 593文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<オリンピック開幕直前特集>東京に、凱歌を。

関連記事

ブラディミール・ゲレロJr.
フェルナンド・タティスJr.

MLBの前後の記事

ページトップ