村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『新版 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』常に更新される身体のように、サスティナブルに自分を保つ。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/07/14 07:00

『新版 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』常に更新される身体のように、サスティナブルに自分を保つ。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『新版 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか』福岡伸一著 小学館新書 924円

 今の自分は分子レベルで見ると過去の自分と“別物”だそうです。

 動的に自分を保っている「動的平衡」という概念。著者で分子生物学者の福岡伸一さんの説明によれば「生体を構成している分子は、すべて高速で分解され、食物として摂取した分子と置き換えられている。身体のあらゆる組織や細胞の中身はこうして常に作り変えられ、更新され続けているのである」。つまり、常日頃の食事がどれほど大切か。簡単に言えば体に良くないものを毎日食していると、調子も悪くなる。科学的な根拠に基づいて仕組みを解説してくれているので、一つひとつが腑に落ちる思いでした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 643文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大特集!「走る」。――日本最高のランナーは誰だ?

関連記事

ボクシングの前後の記事

ページトップ