SCORE CARDBACK NUMBER

球団史上初の地区決勝進出に貢献。覚醒したクリッパーズの伏兵。~NBAの「怖いもの知らずの若者」~

posted2021/07/01 08:00

 
球団史上初の地区決勝進出に貢献。覚醒したクリッパーズの伏兵。~NBAの「怖いもの知らずの若者」~<Number Web> photograph by Getty Images

ジャズとの西地区準決勝の第6戦でマン(手前)はゲームハイの39点を記録。これは自身キャリアハイの数字だ

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 怖いもの知らずの若者が、長年の呪いを解く。まるでおとぎ話の筋書のようだが、NBAプレイオフの話だ。

 ロサンゼルス・クリッパーズは、チーム創設から50シーズンの間、一度もカンファレンス・ファイナルまで勝ち進んだことがないチームだった。以前はケチなオーナーのもとで勝てなくて当然だったが、7年前にNBA一の金持ちオーナー、スティーブ・バルマーが買収してからも、それは変わらなかった。フロントやコーチ陣の人材を揃え、核となるスター選手を獲得し、まわりの戦力も整えた。ほぼ毎年プレイオフに出るようにはなったが、それでもカンファレンス決勝の壁に阻まれた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 642文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大特集!「走る」。――日本最高のランナーは誰だ?

関連記事

ロサンゼルス・クリッパーズ
テレンス・マン

バスケットボールの前後の記事

ページトップ