SCORE CARDBACK NUMBER

今最も注目される常盤山部屋と、名前の戻った“ドラえもん師匠”。

posted2021/02/27 07:00

 
今最も注目される常盤山部屋と、名前の戻った“ドラえもん師匠”。<Number Web> photograph by KYODO

あだ名は現役時代から。長らく旧貴乃花部屋の部屋付き親方として指導し、同部屋消滅後は力士らを迎え入れた

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

KYODO

「関取が4人にもなって、付け人が足りないんですよ」

 そう嬉しい悲鳴を上げるのは、ドラえもんのような笑顔でおなじみの常盤山親方(元小結・隆三杉)だ。2021年初場所では、大関・貴景勝はじめ10人の力士たちが、千賀ノ浦部屋改め“常盤山部屋”の力士として土俵に上がった。

 思い起こせば5年前、先代千賀ノ浦親方(元関脇・舛田山)の停年退職に際し、当時、常盤山を名乗っていた元隆三杉が名跡を交換して千賀ノ浦部屋を継承。この度、再雇用期間を終える先代と再び名跡交換をし、常盤山部屋として再スタートを切ったのだ。親方は「この5年間、いいことも悪いことも色々ありましたよ。親方も戻り、心機一転です」と微塵の苦労も感じさせない笑顔で語る。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 566文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<プレミア最前線>不死鳥リバプール大研究

関連記事

常盤山部屋
貴健斗
隆の勝
貴景勝

相撲の前後の記事

ページトップ