オリンピックへの道BACK NUMBER

「9秒95より速く走るためには…」100m山縣亮太、日本新記録を引き出したコーチが日本選手権に向け考えていること 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2021/06/23 11:04

「9秒95より速く走るためには…」100m山縣亮太、日本新記録を引き出したコーチが日本選手権に向け考えていること<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

6月6日の布勢スプリント決勝で念願の日本新を記録した山縣。25日の日本選手権100m決勝は五輪の選考レースとなる

「(生活のリスクは)奥さんの後押しが大きかったですね。『私も教員やっているし、生活できないほど苦しむことはないからチャレンジしたいことにチャレンジしたら』と」

 どこまでも想像し、徹底して対話し、そして選手にとことん寄り添う。また、とことん陸上が好きだというのも決断を後押しした。

 山縣は一人で強化やプランを組み立てる能力があるアスリートだ。そんな山縣だからこそ、もう一段ステップアップしようとしたときに必要だったのは、導いてくれる指導者ではなく、ともにとことん考え、相談しながら伴走してくれる存在だったのではないか。

 2月のコーチ就任以降、トレーニングの進め方について、このように高野氏は例える。

「練習メニューは山縣が組み立てていて、それに対して『この練習ならこういう効果があるよね』という具合に対話しながら進めています」

コーチングが引き出した山縣の変化

 高野氏のチームの選手とも対話する中で変化もあった。

「どちらかと言うと、自分で走って自分で動画をチェックしてあまり人と交流せず練習しているイメージでしたが、僕のチームの中に入って、他の選手と練習の話をしたり。変わってきたと感じます。もともと日常生活ではユーモアがあるのが山縣なので、いい意味で山縣っぽさを引き出せたかなと思います」

 目前には日本選手権が、そしてその先には大舞台が控える。

「ドライかもしれませんが、僕は9秒95の表示を見た直後から『これより速く走るにはどうしたらいいんだろう』と考えてしまっています。世界の決勝に立つ姿をイメージしながらやっていきたいと思います」

 伴走してくれる貴重な存在と出会い、山縣は日本選手権に臨む。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
山縣亮太
高野大樹
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ