テニスPRESSBACK NUMBER

“赤土の王者”ナダルが35歳に 全仏恒例の「特大ケーキで祝福」は16年前のフェデラー撃破から始まった 

text by

山口奈緒美

山口奈緒美Naomi Yamaguchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2021/06/03 06:00

“赤土の王者”ナダルが35歳に 全仏恒例の「特大ケーキで祝福」は16年前のフェデラー撃破から始まった<Number Web> photograph by Getty Images

6月3日はナダルの誕生日。全米オープンではナダルを特大ケーキとともにお祝いするのが恒例イベントになっている

 ランキングは10年ぶりに二桁に落ち、ナダル時代の終焉というムードが漂っていた。ナダルはそれを認めることも、抗うこともしなかった。

「時代とかそういう話は好きじゃない。誰だってどこででも負ける。僕はいつだって敗戦を受け入れてきたつもりだ。今、間違いなく言えることはたったひとつ。10回目の優勝ができるかどうかはわからないけれど、僕はもっともっと努力したいと思っているし、もっと強くなって戻ってきたい」

 2年後、当時3位のスタン・ワウリンカを決勝で破ってV10を達成したナダルは、さらに11、12と記録を伸ばし、新型コロナウイルスの影響で初めて秋に開催された昨年、13回目の優勝を遂げた。同時にそれは、フェデラーと並ぶ20回目のグランドスラム優勝――男子史上最多タイ記録の達成でもあった。

フェデラーとジョコビッチの存在

 フェデラーとジョコビッチという最強のライバルたちがいなければ、この場所にまで達することはできなかったに違いない。対フェデラー24勝16敗、対ジョコビッチ28勝29敗という対戦成績には、すさまじい切磋琢磨と追求の軌跡が見える。

 今年、全仏オープンは再び本来の季節に帰って来た。ただ、パリのロックダウンの影響で本来のスケジュールから1週遅れの開催となったため、6月3日はまだ大会の序盤。ナダルにとっては2回戦の日にあたる。バースデーソングの余韻は、この長く厳しい道の先にある前人未到の領域まで響くだろうか。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
ラファエル・ナダル
ロジャー・フェデラー
ノバク・ジョコビッチ
錦織圭

テニスの前後の記事

ページトップ