SCORE CARDBACK NUMBER

ミャンマーに伝わる「ラウェイ」。映画で知る日本人挑戦の物語。~最も“危険”で“美しい”格闘技~

posted2021/04/11 07:00

 
ミャンマーに伝わる「ラウェイ」。映画で知る日本人挑戦の物語。~最も“危険”で“美しい”格闘技~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

顔面を血に染めてミャンマー人選手と戦う金子(右)。映画は渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開予定

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

Susumu Nagao

 人生はうまくいかない。どん底に陥ったとしても、必ずしも這い上がれるわけではない。ミャンマーに伝わる究極の立ち技格闘技「ラウェイ」に挑む日本人選手を描いた『迷子になった拳』(今田哲史監督)は、そうなったときにどうすればいいかを示唆してくれるノンフィクション映画である。単なる格闘技映画と思ったら大間違いだ。

 主役となる金子大輝と渡慶次幸平の格闘技人生は“八転び七起き”。つまり負けの方が目立つ。今田監督は「当初は発注元(制作)の意向で、金子選手のみで撮影も構成も行なう予定だった」と打ち明ける。

「ただし、撮りながら、思い描いていた通りの金子選手のサクセスストーリーにはならないと感じました」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 604文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

20年目の原巨人

Sports Graphic Number 1024

20年目の原巨人

 

関連記事

ラウェイ

格闘技の前後の記事

ページトップ