SCORE CARDBACK NUMBER

懐古主義より未来志向で。20周年でも不変のDEEP魂。~『RIZIN』出場への道も~

posted2021/03/07 07:00

 
懐古主義より未来志向で。20周年でも不変のDEEP魂。~『RIZIN』出場への道も~<Number Web> photograph by DEEP

元谷(左)は昇侍に1R2分8秒、チョークスリーパーで鮮やかな一本勝ち。元DEEP2階級王者の存在感を示した

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph by

DEEP

 新型コロナウイルス拡大のせいで記念パーティーは中止に。出場全選手による記念撮影も密を避けるために諦めざるをえなかった。

 それでも、20周年とナンバーシリーズ100回を記念して、2月21日東京・TDCホールで開催された『DEEP100』は熱戦の連続だった。出場選手の年齢は18歳の新人から40過ぎのベテランまで幅広く、マッチメークもかつて“格闘技のオモチャ箱”と形容された団体らしくバラエティに富んだものとなった。

 歴代王者4名によるグラップリングルールのタッグマッチは、DEEPの歴史の重みをひしひしと感じさせてくれた。DEEPで王者になったあと、古巣のお笑いタレントにUターンした松本晃市郎はプロゲーマーとしても活躍中。この一戦を裁くため久々に国内の格闘技イベントに参加した島田裕二氏は、千葉県で保育園の園長に収まっていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 553文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

HONDA F1戦記1964~2021

Sports Graphic Number 1022

HONDA F1戦記
1964~2021

 

関連記事

DEEP
元谷友貴
佐伯繁

格闘技の前後の記事

ページトップ