ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

「八百長野郎!」禁句連発、レフェリーに暴行で元横綱・北尾光司が暴走… 対戦相手テンタが語っていた30年前の真実 

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph byAFLO

posted2021/04/01 17:03

「八百長野郎!」禁句連発、レフェリーに暴行で元横綱・北尾光司が暴走… 対戦相手テンタが語っていた30年前の真実<Number Web> photograph by AFLO

91年の3.30東京ドーム、テンタ戦での北尾光司。彼のレスラー人生はその直後の4月1日に決定づけられたのかもしれない

プロレス界、相撲界での実績に大きな開きが

 無敗の快進撃を続けていた期待の白人力士が、恋人とされる通訳女性とともに突然の失踪、そのままプロレスに転向したそのスキャンダル性は、当時テレビのワイドショーも巻き込んだ大騒動に発展。北尾とテンタは、ともに相撲界でのトラブルからプロレスに転向した、ある意味似た境遇の選手同士だったのだ。

 しかし、両者の相撲界とプロレス界での実績には、大きな開きがあった。相撲で北尾は横綱であり、幕下のテンタとはとてつもなく大きな“格差”があったが、逆にプロレスの実績では、デビュー2年目の新人だった北尾に対し、テンタはハルク・ホーガンとも抗争したWWEのトップヒール。

 共に大相撲を飛び出した大型の異端児が、時を経てプロレスのリングで激突する。91年の3.30東京ドーム、4.1神戸ワールド記念ホールで2連戦として行われた北尾vs.テンタは、そんな意味合いで組まれたカードだったが、この相撲とプロレスでの極端な“格”の差が、事件の大きな要因になってしまう。

4月1日、北尾の不可解な暴走で“不穏試合”に

 まず3.30ドームで組まれた第1戦は、WWFのトップヒールに成長していたテンタがその実力を見せつけ、アースクエイクドロップ(ジャンピングヒップドロップ)でピンフォール勝ち。続く、4.1神戸での再戦は、北尾の不可解な暴走により、“不穏試合”となってしまった。

 なぜ、北尾は暴発したのか。一説によれば、ドン荒川をはじめとした周囲の選手たちが「横綱がなんで幕下に負けるの? 次はやってやれ!」と焚きつけたことが原因と言われているが、北尾も荒川もすでに亡くなっており、当人が語る“真相”を聞くことはできない。しかし、仕掛けられた側のテンタは、生前、筆者が行ったインタビューでこう答えている。

【次ページ】 「今日のところは北尾に花を持たせてやろう」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
北尾光司
ジョン・テンタ

プロレスの前後の記事

ページトップ