Number Web MoreBACK NUMBER

【順大医学部合格】福岡堅樹は「お風呂で計算問題」 両親が語る文武両道ラガーマンの原点とは 

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph byKojiro Fukuoka

posted2021/02/20 19:00

【順大医学部合格】福岡堅樹は「お風呂で計算問題」 両親が語る文武両道ラガーマンの原点とは<Number Web> photograph by Kojiro Fukuoka

中学時代の福岡堅樹。幼少期からいい位置でパスを受けて、トライを決めることが多かったという。

父「すごいなと思いながらみています」

 浪人期間の勉強で、筑波大学医学部合格圏ギリギリのラインまで到達。しかし、残念ながら前期入試では不合格となった。その後、予備校の先生からは、少し大学のランクを落としてもう1年挑戦すれば医学部合格の可能性があるとアドバイスを受けるが、それを断った。

「(浪人していた)1年間、ラグビーができなかったことや同級生が活躍する姿に焦りを感じたんでしょうね。このままもう1年浪人したら、トップレベルでラグビーができなくなる、と考えたからだと思います」(綱二郎さん)

 後期入試では筑波大学情報学群を受験し、合格。医学部は大学が終わってからでも受け直すことができるし、出来たらそうしたい――福岡は両親へそんな自分の思いを伝えたのだった。

 あれから8年――。8月29日、W杯に挑む最終登録メンバー31人に選ばれた。さらに来年は7人制で東京オリンピック出場を狙う。ラグビー選手としての集大成と位置付ける1年を最後に、現役からきっぱりと退き、自らが決めた〝医師〟という新たな道へと歩み始める。綱二郎さんは目を細めて語る。

「わが子に対してこんな言い方をしていいのか分かりませんが、すごいなと思いながら見ています。今は心配することもほとんどありません。すべて自分で決め、それを確実にこなしている。本当に感心するばかりです」

ラグビー日本代表超入門。

Sports Graphic Number PLUS September 2019

ラグビー日本代表超入門。

 

関連記事

BACK 1 2 3
福岡堅樹
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ