ラグビーPRESSBACK NUMBER

"世界ラグビーのトップ” ボーデン・バレットは「神戸製鋼を変えた」ダン・カーターになれるか?

posted2021/02/19 17:00

 
”世界ラグビーのトップ” ボーデン・バレットは「神戸製鋼を変えた」ダン・カーターになれるか?<Number Web> photograph by Aki Nagao

今季からサントリーに入団したボーデン・バレット

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Aki Nagao

 当初の予定からほぼ1カ月遅れで、ラグビートップリーグが2月20日に開幕する。

 トップリーグの外国人選手は実にゴージャスだ。ワールドクラスが数多く参戦している。

 19年W杯優勝の南アフリカ代表からWTBのマカゾレ・マピンピ(NTTドコモ)、ニュージーランド代表をユーティリティバックスとして支えてきたベン・スミス(神戸製鋼)、オーストラリア代表主将のFLマイケル・フーパー(トヨタ)らが、日本のピッチに立つ。

 ワールドカッププレーヤーは、彼らだけではない。マピンピが加入したNTTドコモでは、ニュージーランド代表スクラムハーフのTJ・ペレナラが世界基準のスキルを見せていく。スクラムハーフと言えば、スコットランド代表の主力を担ってきたグレイグ・レイドローもNTTコムの一員となった。日本代表と各国代表の競演が、およそどのカードでも実現する。

 注目すべき選手は多い。ひとりに絞り込むのは難しい。そのなかでも、サントリーのボーデン・バレットはラグビー関係者とファンの視線をひと際集めているに違いない。

 ニュージーランド代表のユーティリティバックスとして知られるバレットは、15年と19年のワールドカップに出場し、16年と17年にワールドラグビー年間最優秀選手に輝いている。キャリアのピークにある29歳は、世界のラグビー界のトップ・オブ・トップに君臨するひとりだ。

サントリーが王者の座を譲った神戸製鋼には……

 サントリーは沢木敬介監督(現キヤノン監督)と流大キャプテンのもとで、16-17シーズンと17-18シーズンにリーグ連覇を達成した。しかし、18-19シーズンは神戸製鋼に王者の座を譲った。元ニュージーランド代表のダン・カーターが加入してきた名門に、リーグ戦と1位~8位決定トーナメント決勝で連敗を喫したのだった。

 日本選手権の決勝を兼ねた1位~8位決定トーナメント決勝では、5対55の大敗を喫した。勝利した神戸製鋼の橋本大輝キャプテンは、試合後の記者会見でダン・カーターについて問われ、「ヘッドコーチとともに、明確な方向性を示してくれた」と振り返った。

【次ページ】 ダン・カーターとバレットの共通点

1 2 3 NEXT
ボーデン・バレット
ダン・カーター
サントリーサンゴリアス
神戸製鋼コベルコスティーラーズ

ラグビーの前後の記事

ページトップ