JリーグPRESSBACK NUMBER

ヴェルディの“天国と地獄”を知る38歳が10年ぶり帰還 富澤清太郎「本気で勝負に挑まなければ…」 

text by

海江田哲朗

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

PROFILE

photograph byTetsuro Kaieda

posted2021/02/21 11:00

ヴェルディの“天国と地獄”を知る38歳が10年ぶり帰還 富澤清太郎「本気で勝負に挑まなければ…」<Number Web> photograph by Tetsuro Kaieda

今年7月に39歳となる富澤清太郎。“カンペー”の愛称で人気のいぶし銀のMFがヴェルディにどんな化学反応を起こすか

「久しぶりに帰ってきて、思い出さなければいけない部分もあります。ボールをコントロールする際やポジショニングなど、プレーのディテールにどれだけ意識を寄せられるかが重要になる」(富澤)

 ピッチであらん限りの闘志を燃やす、負けじ魂はルーキーの頃から変わっていない。永井監督が獲得を切望した理由もそこにある。

昨季のヴェルディは逆転勝ちが一度もなし

 昨季、東京Vは逆転勝利が一度もなし。相手に先制を許せばドローに追いつくのが精一杯で、ほとんどが劣勢のまま押し切られていた。「清太郎はメンタル面をはじめ、このチームに欠けているものを持っている」と永井監督は信頼を寄せる。

 富澤は外側から見た東京Vについてこう語った。

「ヴェルディを離れている間も、どこかで気になっていましたね。相変わらず、育成組織からすばらしい選手が次から次へと出てくる。巧さだけではなく、ビジョンを描きながらプレーできる選手が増えてきた印象です」

日本屈指の優秀なアカデミーを擁しながら

 一方で、日本屈指の優秀なアカデミーを有しながら、今季で13シーズン目のJ2を迎えているのが現状だ。東京Vの強化体制が脆弱なことに加え、近年、国内外において選手の流動性は高まる一途で、若手有望株を主軸に定めるまで留めておけない難しさもある。

「若い選手たちが思い切りプレーできる環境をつくりたい。第一はその環境づくりです。彼らの力をうまく引き出せないとしたら、サポートする僕らの責任。重たいものはベテラン勢が背負って戦う」

 富澤が若手のひとりだった当時、ベテランとしてチームを支えていたのが永井監督であり、元日本代表の北澤豪氏(現日本サッカー協会理事、日本障がい者サッカー連盟会長)である。柴崎貴広と並び、チーム最年長の38歳となった富澤は、その頃のふたりの年齢をとうに追い越している。

【次ページ】 05年の天皇杯優勝、2度目のJ2降格を知る男

BACK 1 2 3 NEXT
富澤清太郎
東京ヴェルディ
永井秀樹

Jリーグの前後の記事

ページトップ