酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

【記録で12球団総括】大野雄大は凄いがフル回転しすぎ? “勝利の方程式”確立の中日、2021年が勝負の年なワケ

posted2020/12/24 11:05

 
【記録で12球団総括】大野雄大は凄いがフル回転しすぎ? “勝利の方程式”確立の中日、2021年が勝負の年なワケ<Number Web> photograph by JIJI PRESS

2020年はまさにフル回転という印象だった大野雄大。ドアラも大喜びする活躍を見たいものだ

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

 2020年の中日ドラゴンズは、良くも悪くも「大野雄大のチーム」だった。そのことにどんな意味を見出せばいいのか、というのがポイントだ。

<2020年チーム成績>
60勝55敗5分 勝率.522(3位)
打率.252(4位)本塁打70本(6位)415打点(6位)33盗塁(5位)
防御率3.84(4位)31セーブ(1位)94ホールド(3位)116被本塁打(2位)

 今季の中日は429得点489失点、得失点差では60点ものマイナス。得失点差に基づく勝率である「ピタゴラス勝率」では、50勝65敗、勝率.435で5位、Aクラスには程遠かった。しかし、実際の中日は9月以降目覚ましい活躍で、一時は2位になった。それは大野雄大の獅子奮迅の活躍と関連性があった。

大野の成績とともにチーム成績も上がった

<月間のチーム成績と大野雄大の成績>
・6月
中日 10試合4勝6敗0分 勝率.400
大野 2試合0勝1敗 防御率9.00
・7月
中日 27試合10勝15敗2分 勝率.400
大野 5試合1勝2敗 防御率2.34
・8月
中日 26試合13勝11敗2分 勝率.542
大野 3試合3勝0敗 防御率0.67
・9月
中日 25試合13勝11敗1分 勝率.542
大野 5試合3勝2敗 防御率1.35
・10月
中日 26試合16勝10敗0分 勝率.615
大野 4試合3勝1敗 防御率0.90
・11月
中日 6試合4勝2敗0分 勝率.667
大野 1試合1勝0敗 防御率0.00

 8月以降、大野雄大がしり上がりに調子を上げるとともにチーム状態も上昇した。

 前半戦だけなら中日は26勝30敗4分、勝率.464で4位、後半戦は34勝25敗1分、勝率.576で1位だったのだ。大野は前半戦は4勝3敗、防御率は2.64、後半戦は7勝3敗、防御率1.05だった。

 筆者は10月以降、ナゴヤドームで中日戦を7試合観戦したが、中日の6勝1敗だった。大野が登板すると楽勝ムードになり、実際にチームは余裕で勝っていた。まるで優勝街道を走っているようだった。

【次ページ】 巨人優勝がほぼ決まりの中でのフル回転

1 2 3 4 NEXT
中日ドラゴンズ
大野雄大

プロ野球の前後の記事

ページトップ