Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

東洋大学・宇野博之×柏原竜二×川上遼平×田中貴章×山本憲二「山の神・柏原竜二と4人の絆」~同級生座談会~

posted2020/12/28 07:00

 
東洋大学・宇野博之×柏原竜二×川上遼平×田中貴章×山本憲二「山の神・柏原竜二と4人の絆」~同級生座談会~<Number Web> photograph by Miki Fukano

(左から)田中、川上、柏原、広島からリモート参加の山本、宇野

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Miki Fukano

箱根路で常に優勝を狙う位置につけ、代表クラスのランナーを次々と輩出。若き指揮官に導かれた鉄紺軍団は、駅伝界の顔になっている。初優勝を含めて3度の栄光を掴んだ世代が語る、東洋大躍進期の内実とは?

 総合優勝4回、前回大会は10位に沈んだもののそれまで11年連続で3位以内をキープするなど、東洋大学は近年の箱根駅伝における主役であり続けてきた。だが、鉄紺軍団が強豪の一角と見られるようになったのは、「2代目・山の神」こと柏原竜二の世代が入学し、箱根路で初優勝を飾った2009年以降、わずか10年強に過ぎない。

 では、興隆期にいた選手はチームが強くなっていく過程で、どう振舞い、何を目撃して、実績を積み重ねていったのか。

 柏原、そしてチームで主力を担った宇野博之、川上遼平、田中貴章、山本憲二という個性豊かな5名の同級生が、母校の強さの秘密について語り合った。

山本 入学前、東洋ってイメージがなかったんだよね。ぎりぎりシード権をとれるかとれないかの順位が多かったから、高校時代に実績のない自分でも「ここなら箱根を走れるな」って、そんな気持ちだった。

田中 文化的に関西圏の三重出身だから箱根駅伝には思い入れがなくて、自分も似てるな。でも高2の時に見た箱根の1区で、ぶっちぎりの実力を持っていた東海大・佐藤悠基さんに、東洋の大西(智也)さんが一人果敢についていったのは強烈だった。

柏原 そう、あの時の大西さんはかっこよかった! 東洋のイメージはあの走り。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6778文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

箱根駅伝 ベストチームを探せ!

Sports Graphic Number 1017

箱根駅伝 ベストチームを探せ!

 

東洋大学
宇野博之
山本憲二
柏原竜二
川上遼平
田中貴章
酒井俊幸

陸上の前後の記事

ページトップ