SCORE CARDBACK NUMBER

G1準優勝SANADAへの予感とスマートな観客席への寂しさ。~“激しく”観戦できる日を願う~

posted2020/11/05 08:00

 
G1準優勝SANADAへの予感とスマートな観客席への寂しさ。~“激しく”観戦できる日を願う~<Number Web> photograph by Getty Images

飯伏は史上3人目のG1連覇。「僕は逃げない、負けない、諦めない、そして裏切らない。僕は本当の神になる」

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

Getty Images

 秋にずれ込んだ新日本プロレスの看板イベント、G1クライマックスが10月18日、東京・両国国技館で幕を閉じた。

 終わってみれば、DDT出身・飯伏幸太の2連覇である。Aブロック1位の飯伏は、これで来年1月4、5日の東京ドーム大会でのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王座挑戦権利証獲得が決定的となった。

 優勝決定戦の相手は、Bブロック1位のSANADAだった。飯伏は30分過ぎ、SANADAが繰り出すオコーナーブリッジ(後方回転足折り固め)をしのぎ、ハイキックで反撃。得意のカミゴェ(ヒザ蹴り)を決めてピンフォールを奪った。優勝決定戦での35分12秒決着は、大会史上最長の熱闘タイムだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 568文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ダルビッシュ進化論

Sports Graphic Number 1014

ダルビッシュ進化論

 

関連記事

SANADA
飯伏幸太
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ