松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

3児の父・松岡修造に“世界4位”秦由加子が語った「13歳で右足を切断した日」

posted2020/11/22 11:00

 
3児の父・松岡修造に“世界4位”秦由加子が語った「13歳で右足を切断した日」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

秦由加子選手が右足を失ったのは13歳のときだった

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 秦由加子選手が右足を失ったのは13歳、中学1年生のときだった。中1の女子といえば見た目やおしゃれに関心の高い時期だ。そんな多感な年頃でかかった骨肉腫と右足切断という試練は、本人はもちろん、家族も失意のどん底に突き落とした。

 当時の秦さんはこの試練をどう受け止めたのか。もし自分の家族が同じような境遇に置かれたら、どう接すればいいのだろう……? 自身も3人の子を持つ親として、松岡修造さんの質問は秦選手の親子関係にも迫っていく。(全4回の2回目/#1#3へ)

#1 義足を脱ぐと血だらけ…“世界4位”秦由加子が松岡修造に教える「過酷すぎる」パラトライアスロンの世界 より続く

「じゃ、病院へ行く?」から足の切断に

松岡:13歳のとき、どのように異変に気づいたんですか?

:走っていたら足がカクンとなる感じがあって、膝のあたりに痛みが出たんです。「足をくじいたのかな?」「ちょっとひねっちゃったのかな?」と思ったぐらいだったんですが、一応、親に「ちょっと膝が痛いんだよね」と話したら、「じゃ、病院へ行く?」と言ってくれて、すぐにレントゲンを撮ってもらいました。そうしたら、これは怪しいぞとなって。診てくれた先生に「大きな病院に行ってください」と言われ検査を受け、その日のうちに入院になりました。

松岡:どんな病状だったんですか?

:右足のすねに骨肉腫という骨のガンができていました。触るとゴリゴリして腫れているなという自覚症状はあったんですが、強烈な痛みはなかったんですよね。幸い早期発見で他への転移はなく、主治医の先生のお話では「おそらく足を切断すれば完治するだろう」ということでした。

松岡:冷静にお話しされていますけど、そんなわけないですよね。レントゲンを撮ったら大きな病院に行くことになって、そのあたりからどんどん不安になってきたのではないかと思いますが。

:うーん。

松岡:え、そうでもない?

:そうでもなかったですね。だって骨肉腫なんて考えもしなかったから。当時はケータイもスマホもない時代で、今みたいに情報を調べる術がなかったし。ただ思いもよらなかったというだけでした。

はっきりと「切断したほうがいいと思う」

:治療方法は2つあって、右足を切断するか、それとも足は残して悪いところだけを取り、そこに人工骨を埋めるかのどちらかだと説明されました。でも先生は「僕は切断したほうがいいと思う」とはっきり言ってくれて。結局はそれが良かったと思います。

松岡:良かった? どうしてですか?

【次ページ】自分なら「『足を残したい』と言ったと思うんです」

1 2 3 4 NEXT
松岡修造
秦由加子
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ