Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

エディー・ジョーンズ「アフター・コロナのラグビーを語ろう」~名将の未来予測~

posted2020/10/30 07:00

 
エディー・ジョーンズ「アフター・コロナのラグビーを語ろう」~名将の未来予測~<Number Web> photograph by Getty Images

表参道で何度も「エディーさん!」と声をかけられたという。日本にラグビーが浸透しているのを実感している

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Getty Images

微々たる前進ながら、世界のラグビーは歩み始めた。ニュージーランド対オーストラリアの定期戦は再開。やがて各国代表も始動する。世界的名将の慧眼に、このスポーツの未来はどう映っているのだろうか。

――2020年は何から何まで、異例の年になりました。3月にシックスネーションズが中断となって、ようやく残りの試合が10月24日から再開します。コーチはどんな時間を過ごしていましたか。

エディー・ジョーンズ(EJ) 7月までは日本にいました。本来ならばイングランド代表の強化に携わる時間が、まるまる自由なものになりました。私としてはまとまった学習時間が取れたのがありがたかった。

――いつも勉強してらっしゃいますけど。

EJ まとまった時間が大切なのです。知識や情報を体系化できますからね。

――どんな新しい知識、情報を蓄えられたのですか。

EJ 選手選考、人事評価など、人間に関わる要素です。他競技の情報を仕入れ、それをラグビーにどう生かせるかを考えていました。たとえば、2016年にMLBのワールドシリーズを制したシカゴ・カブスについて書かれた『The Cubs Way』は興味深かったですね。カブスはデータを中心とした『マネーボール』時代から発想を進化させ、データと直感、それにヒューマンスキル、人間関係を組み合わせたアプローチでチームを作り、108年ぶりに頂点に立ちました。マネジメントに関わる人間の必読書といえるでしょう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3719文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の再会~ラグビーW杯ベスト8から1年~
エディー・ジョーンズ

ラグビーの前後の記事

ページトップ