Beyond The GameBACK NUMBER

守られるべきルールとモラル。~阪神・矢野監督の行いと“トリキ錬金術”との共通点~

posted2020/10/25 08:00

 
守られるべきルールとモラル。~阪神・矢野監督の行いと“トリキ錬金術”との共通点~<Number Web> photograph by KYODO

1強5弱のセではAクラスでも胸は張れず、矢野監督の顔色は冴えない

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 ルールとモラルはいつも追っかけっこである。

 10月1日から始まったGo to イートキャンペーン。すぐさま話題になったのは“トリキ錬金術”だった。キャンペーンを利用してオンライン予約をすると付与される1000円分のポイントを入手するために、居酒屋チェーン・鳥貴族を予約し、298円均一(税込み327円)の商品を1つだけオーダーして帰る。差し引き673円分の得を生み出す“錬金術”というわけだ。

 ルールの上では問題ない。そんな抜け穴のある制度を作った側の問題なのも確かだ。ただそういう制度の穴を突くことが賢い、頭のいいことなのか。それとも制度の趣旨を理解し、モラルを持って利用するのか。そこはもはや個人の資質にしか答えはないだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1009文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の再会~ラグビーW杯ベスト8から1年~

関連記事

阪神タイガース

プロ野球の前後の記事

ページトップ