SCORE CARDBACK NUMBER

仲間を愛し、愛された名フッカー湯原祐希を悼む。

posted2020/10/24 08:00

 
仲間を愛し、愛された名フッカー湯原祐希を悼む。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

日本代表では通算22キャップ、3トライをあげた。写真は'10年5月の香港戦。'11年W杯出場を決めた一戦だった

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

 W杯1周年記念試合が行われた釜石鵜住居復興スタジアム。試合前の黙祷を呼びかけるアナウンスに、特別な言葉が付け加えられた。

「東日本大震災で亡くなった方々へ、そして、先日、若くして亡くなったラグビーの仲間への哀悼の意を表し、黙祷を行います」

 整列した選手も、郷土芸能・虎舞の衣装で選手を迎えた子どもたちも、全国から集まった観客もボランティアも、目を閉じて、36歳の若さで旅立ってしまった仲間を偲んだ。

 ラグビーの仲間――その言葉が似合う男だった。湯原祐希。2011年と'15年、W杯2大会の日本代表フッカー。'15年大会は1試合もメンバー入りしなかったが、率先して明るく練習をリードし、相手チームを分析し、南アフリカ戦などの歴史的勝利を陰で支えた。'19年W杯で躍進を果たした「ONE TEAM」の源流を作った一人だ。「試合に出られない悔しさは、2人のときはいろいろ言い合ったけど、表には出さなかった」。'15年W杯で同じ立場だった元主将の廣瀬俊朗さんは、そう言って仲間思いの友を惜しんだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 486文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の再会~ラグビーW杯ベスト8から1年~

関連記事

湯原祐希

ラグビーの前後の記事

ページトップ