Number ExBACK NUMBER

“初の親子孫3代ジョッキー”  52歳横山典弘が息子たちに告白「俺は人としてまともになったよ」

posted2020/10/13 17:00

 
“初の親子孫3代ジョッキー”  52歳横山典弘が息子たちに告白「俺は人としてまともになったよ」<Number Web> photograph by Bungeishunju

今年52歳になった騎手・横山典弘。今回メディアでは初めて横山父子座談会に応じた

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Bungeishunju

 52歳を迎えた今年も意気軒高。ステラヴェローチェのサウジアラビアRC、ノームコアの札幌記念をはじめ重賞6勝を達成し、10月11日時点ですでに昨年を上回る48勝を挙げている横山典弘騎手は、2人のジョッキーの父としても知られる。今回、その典弘と、長男・和生、三男・武史3人による父子騎手座談会が、Number秋競馬特集で実現した。

 メディアで行なわれるのは初という横山父子座談会は、次のようにスタートを切る。

――JRA初となる父子3代の騎手ファミリー“横山家”。その原点と言える存在は、典弘騎手の父・横山富雄さんです。

典弘 富雄がいなかったら俺はいないわけで、和生や武史だっていない。みんながジョッキーになったのだってそう。これまでも「いつ騎手になろうと決心したんですか?」なんて聞かれたことがあったけど、そんなもの無い。あくまでも自然な流れ。

和生 うん。そうだね。

武史 自然の流れですよね。

 その後、話題はさまざまに展開する。3代にわたる騎手一家に伝わる「勝負師の教え」や、息子たちがプロの世界に入る際に“この父”だからこそ放たれた名言。さらには、レースで親子ワンツーを果たした時や息子から父への乗り替わり時のエピソードなどなど、競馬ファンなら誰で興味津々な話が続出するのだが、中でも印象に残る言葉が典弘から飛び出したのは、座談会も最終コーナーを回って、ゴールが見えてきた頃だった。

「やっぱり俺は人としてまともになったよ」

――息子たちが騎手になって、典弘騎手が受けた影響はありますか?

【次ページ】「やっぱり俺は人としてまともになったよ」

1 2 NEXT
横山典弘
横山和生
横山武史

競馬の前後の記事

ページトップ