SCORE CARDBACK NUMBER

左打者を克服し、手に入れた大役。前田健太は「あの時と別の投手」。

posted2020/10/11 07:00

 
左打者を克服し、手に入れた大役。前田健太は「あの時と別の投手」。<Number Web> photograph by Getty Images

150勝を記念して自ら描いたイラスト入りのTシャツを披露。目標とする200勝への思いも直筆文字に滲み出る

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 メジャートップのWHIP(1回あたりの被安打+与四球)0.75。最も走者を出さない投手を示すこの数字が、ツインズ前田健太の覚醒を物語っていた。

 今春、ドジャースからトレード移籍した前田が、新天地で新境地を切り開いた。初登板から無傷の4連勝。その間、勝敗こそ付かなかったものの、8月18日のブルワーズ戦では9回無死までノーヒッターの快投を演じた。快調に白星を重ねるツインズの中心的な存在が、前田だった。

 最終的に11試合に先発し、クオリティースタート(6回以上、自責点3以内)が8試合。全試合を3失点以下に抑え、チームトップタイの6勝をはじめ、防御率2.70、80奪三振など主要部門でチーム最高の成績を残した。地元メディアが「史上ベストのトレード」と、前田を獲得したツインズ首脳陣の手腕を絶賛するなど、強烈なインパクトを残す活躍だった。何より前田自身が、進化を自覚できるほどの変化だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 511文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<秋競馬GIプレビュー>三冠親仔伝説

関連記事

ミネソタ・ツインズ
前田健太

MLBの前後の記事

ページトップ