SCORE CARDBACK NUMBER

“秋の祭典”G1クライマックス、コロナ禍での消耗戦を制すのは?~オカダ、内藤の明暗はいかに~

posted2020/10/08 08:00

 
“秋の祭典”G1クライマックス、コロナ禍での消耗戦を制すのは?~オカダ、内藤の明暗はいかに~<Number Web> photograph by Getty Images

昨年の優勝決定戦の再現となった9月23日の一戦は、ジェイ・ホワイトが飯伏に勝利。27日にはオカダも破った

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

Getty Images

 特別なゴングが鳴った。東京五輪の影響で秋にずれ込んだ新日本プロレス“真夏の祭典”G1クライマックスが9月19日、大阪府立体育会館大会で開幕した。出場20選手をA・Bブロックに分けてのリーグ戦を展開中だ。1カ月に及ぶロングサーキットの優勝決定戦は、10月18日、東京・両国国技館で行われる。

 今年はコロナ禍のために、取材申請まで異例ずくめ。取材できるライター、カメラマンの人数も限られている。筆者は9月29、30日の後楽園ホール2連戦、10月14日の横浜武道館、ラストの両国国技館3連戦の首都圏6大会を観戦することにした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 667文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<秋競馬GIプレビュー>三冠親仔伝説

関連記事

新日本プロレス
飯伏幸太
ジェイ・ホワイト
オカダ・カズチカ
内藤哲也

プロレスの前後の記事

ページトップ