ひとりFBI ~Football Bureau of Investigation~BACK NUMBER

“空前の当たり年”「Jリーグ最注目ルーキー7人」は誰? 18歳荒木遼太郎、22歳安部柊斗って知ってる?

posted2020/09/20 11:30

 
“空前の当たり年”「Jリーグ最注目ルーキー7人」は誰? 18歳荒木遼太郎、22歳安部柊斗って知ってる? <Number Web> photograph by J.LEAGUE

鹿島で高卒ルーキーとして内田篤人以来14年ぶりにリーグ開幕戦に出場した荒木遼太郎18歳

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

「空前の大豊作」となっているJリーグのルーキーたち。何人もの新人たちが主力の一角に食い込み、勝敗の行方を決定づけるような大仕事までやってのけている。ここでは「7人の最注目ルーキーを見逃すな!」として、元『週刊サッカーマガジン』編集長・北條聡氏の解説で紹介していきたい。(構成=Number Web編集部)

(1)三笘薫(川崎フロンターレ/筑波大出身)

 まずはやはり三笘薫(川崎フロンターレ、23歳、178cm/71kg)でしょう。主に左ウイングとして起用され、16節終了時点で14試合8ゴール。途中出場が多いにもかかわらず、その“得点力”を証明しています。

 三笘の魅力は何より「見ていてワクワクする」選手だということ。左サイドのオープンスペースが彼の主戦場です。ボールを受けると独特の間合いとリズムで相手をかわしていく。右利きの選手が左サイドで起用されると“カットイン”するパターンが多いですが、三笘はタテに抜けるドリブルが上手い。そしてタテ抜けしたあとのクロス、シュートも申し分ない。

 ガンバ大阪戦(8節)で、大島僚太の得点をアシストした場面では左サイドのドリブルで3人の相手選手を引きつけていました。それだけ彼の1対1は相手チームの脅威になっています。

 J1のウイングの選手ではすでに1、2を争うポジションにいるのではないでしょうか。ここで取り上げる他の選手と同じく三笘も東京五輪世代です。同じポジションには食野亮太郎(リオ・アヴェ/ポルトガル)や遠藤渓太(ウニオン・ベルリン/ドイツ)らライバルがひしめいています。課題の“守備力”を向上させれば、来年の東京五輪代表入りも十分ありえるでしょう。

(2)旗手怜央(川崎フロンターレ/順天堂大出身)

 三笘と同じく、J1で首位を独走する川崎で活躍するのが旗手怜央(22歳、171cm/70kg)です。リーグ16節終了時点で(途中出場も多いものの)16試合に出場、3ゴールを挙げています。三笘のほうが目立ちがちですが、出場機会が多いのはじつは旗手のほうです。

 左右のウイングで使われる機会が多いですが、左も右もインサイドハーフもこなせる「汎用力」があります。機動力あふれる攻撃も魅力ですが、守備のハードワークもできる。川崎は前からプレスするサッカーをしていますが、その戦術にピッタリ。しつこい守備を仕掛けてくるので、相手にとっては“めんどくさい”選手といえるでしょう。

【次ページ】(3)安部柊斗(FC東京)

1 2 3 4 NEXT
三笘薫
旗手怜央
安部柊斗
荒木遼太郎
高嶺朋樹
松尾佑介
藤田譲瑠チマ

Jリーグの前後の記事

ページトップ